忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[877]  [876]  [875]  [874]  [873]  [872]  [871]  [870]  [869]  [868]  [867

遠野市の歴史

岩手県市町村地域史シリーズ10





岩手県文化財愛護協会 編

鈴木久介 著

熊谷印刷出版部

平成5年6月 発行

価格 1500円

148ページ



来月初旬に遅れて夏休みを取得しました
連休となると遠征であります
今年は何処に行こうか~♪
どんな城を訪れるかな(*^▽^*)
なんてことを考えながら暑い日々をガマンしながら生活を送っています

ある程度行先は決まっているのです
でも・・・やっぱり目移りしちゃうのですww

南米密林地帯にて購入した遠野市の歴史、タイミングよく安く売られてましたので購入
¥548+送料ですがTポイントを使用したので無料で入手したようなものです\(^o^)/
当然ながら読んでしまうと行きたくなります
まだ訪れたことがないので興味が湧きます
遠野物語で知られる民話のふるさとです
観光名所はたくさんありますよね

もちろん城館もたくさんあります(^O^)
この地は中世において阿曽沼氏が支配していました
阿曽沼時代と本文では表記されています
それほど影響力の強い支配だったのです
阿曽沼といえば下野・佐野氏ですね
昨年、今年と佐野市を訪れているので阿曽沼氏に関して興味はあります

遠野は南部氏、葛西氏、和賀氏、稗貫氏と所領を接する立地です
葛西氏との抗争は熾烈であったようです
南部氏の旗下に属するようになっても阿曽沼氏は安泰ではありませんでした
家臣の造反により遠野追われ伊達領に逃れます
その後、故地の奪還に燃えますが3度にわたる戦いも全て敗退し阿曽沼氏は遠野の歴史から消え去ります
阿曽沼氏は内部抗争、家臣の造反もありました
城館も当主の居館だけでなく家臣の屋敷、領内守りの砦など多数存在しました
一日で訪れることは不可能です
欲張りな私はたくさんの城館を見て、観光名所も楽しんでさらに資料まで集めたいwww
そうなると時間が足りない・・・・^^
そんなことで今年の夏休みでは遠野遠征の実現度は低いのですが本書を入手したことはきっかけです
北上市、奥州市、花巻市などと一緒に中世城館を思う存分楽しむ日が来ると思います
その時までしっかり勉強しますわ(`・ω・´)ゞ

中世解説は阿曽沼一色ですがとても読みごたえがあります
このシリーズはいくつも見ていませんが外れが少ないように思えます

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 4 5 6 7 8
9 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]