忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[1]  [2

最上義光

原本現代訳〈38〉



作者不詳

中村晃 訳

教育社新書

1989年5月 発行

価格 1000円

225ページ

出羽の梟雄、最上義光の一代記であります
山形57万石の大名に上り詰めた出羽の覇者と呼ぶにふさわしい人物のついて書かれたものです
同時に直江山城の山形攻めを記した「最上合戦記」も収録されています

教育社新書の現在訳シリーズは集めているのですが本書は比較的早く入手できました
立川市の大型古書店で15年ほど前に450円で買いました
今は古本価格が上がっているようですね
最上人気なのでしょうか^^

最上合戦記については何度か読んでいるのですが本編はちゃんと読んだことがありませんでした^^
今年の夏、秋田県横手市を訪れる際に小野寺氏との抗争について知りたいと思い本書を開いてみましたが記述がありませんでした
新書だからカットされたのか?
このシリーズはけっこうそういうことがありますから(笑)

でもタイミングが良かったのかな
なんか面白くて読んじゃいました^^
旅の下調べをしなくちゃいけないのに^^
時間もあまりないのにゆっくり読んじゃって
楽しかったから~♪
橋間勘十郎、延岡能登、佐々木典膳なんて魅力的な武将だな~
血塗られた前半部分でも彼らの登場が話を面白くしてくれました

後半は直江さんとの合戦についての記述が中心になります
「最上合戦記」と読み比べるのも面白いです

私は最上関連の史料・資料はこれしか持っていないので本書を基に最上義光という人物について考察してしまいます
でもそのうちに山形へ行くことがあればもっと史料・資料が集まりはっきりした人物像も見えてくるんでしょうね
その時が楽しみでもあります

もっとも山形城へ行く予定は全くないのですが^^

拍手[5回]

PR

木公山舎随筆

阿部正巳史料




松山町史編纂委員会

昭和58年9月 発行

価格 不明

216ページ

山形県飽海郡松山町、現在は酒田市の一部となります
私としては縁遠いちでありますが本書の内容を一目見て気に入り購入しました
※八王子市堀ノ内の大型古書店にて500円で購入

松山町出身の歴史家、阿部正巳さんの著書であります
東北、北海道の歴史、民俗などついて記した著書を数多く執筆しています
本署は松山町の歴史について解説したものです
主に古代から中世末期までの遺跡や史跡について書かれています
私は「館跡論」「城砦論」「庄内におけるアイヌ語地名」「庄内の板碑」を読みました

城館について書かれていて明治末期の庄内地方の城館の状態やチャシとの比較や大きさ、構造などが書かれています
板碑について、地名についてなど私が必要とする知識がたくさん記されている資料であります
明治末期頃に各地を調査して記した内容ということも驚きです
そして本書を発刊した松山町に敬意を表します^^

こうして酒田市も私のいつか行きたい場所にリスト入りしました^^
石原莞爾さん関連の場所も行きたいと思っていたので意外と早く実現するかもしれないな~

拍手[5回]

直江兼続伝



渡部恵吉・小野栄・遠藤綺一郎 共著

酸漿出版

平成20年5月 改訂版

価格 1600円

300ページ

つい先日、入手したばかりの書であります
大月市のブックオフで購入です
閉店セールということで20%オフの80円でGETしました
タイトルと値段の安さから大河ドラマの影響で出版された書籍と思われるでしょう?
でも違うんですよ~
米沢市政100周年を記念して米沢信用金庫が平成元年に出版した幻の本を再出版したものです
このような代物がたった80円で入手できるなんて・・・(感動)

内容も充実しています
とくに米沢での事跡については知らないことだらけだったのでとても興味深く読ませていただきました
もちろん兼続さんの生涯、文事、政治についても記されています
養子問題についての考察もあります
文事についてかなりのページを割いて記されていますが漢詩や連歌などに興味がないので読んでいません(笑)

領内での3つ金山経営や軍法、支城と番所、城下の屋敷割は参考になりました

来年あたりに米沢市の城館探訪を計画している私としてはありがたい一冊であります
遠征の際には山形県の中世城館報告書(米沢市部分の複写)米沢市史の中世部分の複写と共に持参したいと思っています

直江兼続さんについて書かれた書を何冊も見てきましたが最も内容が充実していてオススメです

拍手[2回]

出羽諸城の研究




沼館愛三

伊吉書院

昭和55年9月 発行

価格 3800円

352ページ

秋田県と山形県には一度ずつ城館探訪で訪れていますが資料が手元に少ないということで購入しました
ネットで400円(送料別)と安値で買えたんですよ
沼館さんのシリーズ三冊目であります

このところ福島県の会津方面にハマり何度も訪れているのですが見えてきたんですよ
何がって会津の先にある米沢が(笑)
米沢関連の資料も入手できたことで本書もようやく役に立つ日がきそうです
米沢って城館がかなり多いですね~楽しみです
本書にも米沢の城館を多数紹介しているのでしっかり読む日が楽しみです
・・・実はまだ読んだことがないのですこの本(笑)
訪れたことがある秋田県仙北の項目だけは読んだんですけどね
米沢を再訪すればその先にはアルカディアと称された美しい平野にもたくさんの城館が、
そしてその先には秋田県が・・・何年後になるのだろうか~
これからお世話になることが多くなりそうです
とりあえず山形県の資料としてお世話になることが多くなりそうなので山形県の城本として紹介することにしました

拍手[2回]

uesugiyouzan.JPG上杉鷹山公物語
米沢市 発行
小川あつむ 作画
平成2年3月 発行
価格 505円
151ページ


米沢市制100周年を記念して出版された書であります
同市の礎を築いた人物として知られる上杉鷹山さんの生涯とその事績を紹介しています
どうも江戸期の人物につて興味がわかないのですがマンガということもあり気軽に読みはじめ鷹山さんについて知ることができました
名君と称されることを納得しました

そして数年前に訪れた米沢のことも思い出しました
素朴な田舎町ですがとても気に入りました
それと夏場はとても暑い土地なんですね
上杉でも鷹山さんではなく景勝さん、直江さんが目当てで訪れたのですが次回、米沢を訪れる際には鷹山さん関連の史跡も訪れてみようと思いました

青梅市の大型古書店にて100円で購入

拍手[1回]

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]