忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

玉村町の環濠屋敷と城館






玉村町歴史資料館

2016年7月 発行

無料配布

30ページ


今年の夏、玉村町歴史資料館で行われた企画展のパンフです
私は行けなかったのですが友達が私の分までもらってきてくれましたm(__)m

玉村町、私が城館探訪、研究をするうえで貴重な体験、勉強をさせてもらった土地です
一般的には知名度も人気もない場所ですが私としては楽しい思い出がたくさんです
都市化の波が押し寄せ失われつつある環濠屋敷とそれが発展した城館の遺構を見るとができ幸せを感じました^^
個人宅になっている場所も多く家主に許可を頂いて見学しまくった思い出
経験上ないだろうと思っていた場所でさえ水堀が残されていたり驚きの連続だったな~

そんな私の大好きな玉村町の城館の図面が所狭しとこれでもか~というくらい掲載されるパンフ
最高です\(^_^)/
図面を見ているだけで楽しく時間をつぶせます( ´艸`)

古い航空写真から城館跡を確認したり、昭和中期の古写真が掲載されています
町内の城館は相当数訪れましたがまだまだ未訪の場所があるようです
これをもらったことがきっかけで久しぶりに玉村に行こうかしら
そんな気にさせてくれるパンフっす

拍手[5回]

PR

やんば散策マップ

平成19年度版



国土交通省八ッ場ダム工事事務所 問い合わせ先(発行?)

平成19年

54ページ

10月末についに吾妻郡へ本格的に侵攻を開始しました^^
いままで同地区の城館や歴史に魅力を感じていなかったのが原因ですが観光地としてはとても魅力を感じていました^^
ずいぶん前に入手した八ッ場ダム建設予定地を含む長野原町、東吾妻町の散策マップを見ていたからです
戦国期の史跡は長野原城の登り案内と長野原合戦についての紹介のみですが石造物、史跡、名勝、名物がかわいらしいイラストで紹介され見やすいです
前回の出陣時にはこの冊子の存在を忘れていてもっていきませんでしたが次回は必ず持参していろんなものを見て歩き、食べつくしたいと思っています^^
ということで吾妻郡の城館資料をまとめたファイルに一緒にしまっておきます

城館の記述はほとんどありませんが城館所在地の周辺が散策コースとなり攻略の参考になります
また駐車場やトイレ、自販機の場所も記されているので便利です
無料で配布されていたパンフですが私にとってかなり利用価値があるようです^^




拍手[4回]

岩櫃城配布パンフ


東吾妻町観光協会/東吾妻町役場 発行


昨日訪れた岩櫃城の登り口、天狗郭の駐車場脇に設置された観光案内所(休憩所)にて入手した
岩櫃城ガイドパンフです
大河ドラマの放映を意識したつくりとなっています
2種類用意されています
一つは岩櫃城と岩櫃山のガイドMAPです
城と周辺の史跡、ルート、所要時間、土産の案内が紹介されています
よくできています
岩櫃城を訪れるならこのガイドMAPがあると便利です
私はリュックにしまいこんで帰宅後に見ていろいろと見たいものを見落としていることに気づきました^^

もう一つは岩櫃城の解説パンフです
城の歴史、伝説、武田勝頼を迎えるために構えた屋敷跡などいろいろ情報が詰まっています
城を訪れたらこちらも入手しておきたいですね
見晴らしの良い主郭の休憩所で読んでみるのも良いかもしれませんね

城は15年ほど前に訪れた時よりも見やすくなり駐車場や案内所、トイレなど設置されていました
これから紅葉シーズンを迎えます
大河放映前にこのパンフを片手に訪れておくとドラマをより楽しめるかもしれませんよ^^

拍手[5回]

真田道を歩く

上州戦国ロマン紀行
上毛新聞社
平成23年4月
価格 1500円
98ページ

最近、群馬県では真田氏が密かなブームなのでしょうか?
上州を頻繁に訪れる私はなんとなくそんな気がします
この手の本の発行や史跡の整備などが進んでいるように思えます
ようやく私も利根郡、吾妻郡の城館に興味を持ちはじめたのでちょうど良いガイドブックが入手できたと喜んでいます
丸岩城、岩下城、尻高城、森下城、権現山城、大戸城、仙蔵城、中山城などなど楽しそうな城館がたくさん紹介されています
もちろん沼田城や名胡桃城、岩櫃城も収録されていますよ
オールカラーの豪華版であります
上毛新聞社さんの気合が感じられます(笑)

城館だけでなく上州戦国史や合戦、真田氏の伝承、エピソードなども多々収録されていますのでガイドとしてだけでなく読み物としても十分楽しめます

大型古書店の青梅店にて800円で購入しました

拍手[3回]

akagimura.jpg文化財関係資料集第三集
赤城村の遺跡
赤城村教育委員会
昭和48年3月 編
平成3年9月 復刻版
価格 500円
100ページ


先日、城館探訪で訪れた渋川市の旧赤城村の資料館で購入した資料です
旧・赤城村の城館は立地条件や縄張りが面白く楽しい1日を過ごすことができました
その楽しかった城館の一つ勝保沢城に隣接するのが資料館で郡善立ち寄って見つけたのが本書であります
村史でもある程度城館を紹介していますがこちらの資料で紹介される村内の城館は村史にて紹介される各城館の足りない部分(縄張り図や記述)を補っていてとても参考になりました
また村で発行した資料集の第二集は城跡を紹介したものだったそうです
村誌とこの資料そして加沢記があれば村内の城館を知ることは十分なのですが気になります
こちらは復刊されているのか不明ですが渋川市の図書館あたりで一度目を通してみたいと思っています
紹介される旧・村内の城館
五郎屋敷
六郎兵衛屋敷
不動山城
長井坂城
三原田城
勝保沢城
津久田城
猫城
猫寄居
宮田寄居
棚下の砦
滝澤御所館

拍手[4回]

カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10
13 15 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]