忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

あなたの知らない親鸞と浄土真宗





山折哲雄

洋泉社歴史新書

2013年4月 発行

価格 860円

190ページ


宗教に関する本ですね^^
ウチは曹洞宗で浄土真宗ではありませんが親鸞さんについて、蓮如さんについて興味があったので買ってみました
青梅市の大型古書店にて200円で購入

まず親鸞さんの出自、藤原北家と常陸での20年近い布教活動、宇都宮頼綱はじめ武家との関係に興味があったんですね

蓮如さんに関しては初めて知ることが多く参考になりました
本願寺ってイケイケ教団みたいなイメージでしたがそんなことないのですね
私は誤解していました
在地武士と宗教について考察する機会が増えそうです

ちなみに本書の大半は浄土真宗の教えが記されていますが其方には興味ないのでパスです^^

拍手[2回]

PR

地名でわかるオモシロ日本史




武光誠

角川ソフィア文庫

平成23年1月 発行

価格 629円

252ページ


最近、購入したとても参考になった地名本であります
筆者の本は何冊か読んだことがありますが読みやすく解りやすいので好感をもってます
タイトルや表紙から一般向け?と思われるかもしれません
でも内容はかなり濃いです
歴史地名の基礎がしっかり解説されています

荘園村落が生んだ地名
信仰にまつわる地名
中世武士ゆかりの地名
戦国動乱にまつわる地名

庄、荘のつく地名、屋敷、館のつく地名、在家地名などなど知っているつもりでした
この本で新たに知ることも多々ありました

青梅市の大型古書店にて160円で購入
※4月16日で閉店

拍手[3回]

日本『歴史地名』総覧





歴史読本特別増刊辞典シリーズ22

1994年6月 発行

価格 1800円

485ページ

私の歴史地名調べのバイブルであります
見やすく読みやすくて便利なんです
柳田國男先生の地名本は基礎資料ではありますが読みにくくてね^^

こちらは歴史地名というタイトル通り日本史に関わる地名の解説本です

自然地名、崩壊地名、部民・豪族地名、城館地名、荘園地名、アイヌ地名、沖縄地名
仏教地名、集落地名、交通地名、信仰地名、江戸・京都・大和の地名、開拓・干拓地名などなど


文献に見る地名として将門記、陸奥和記、平家物語、義経記、万葉集、奥の細道にみる地名なんているのも収録されています

けっこうボロボロになるまで読んでます
たいていPCデスクか枕元の書棚に置いてあって気になったらいつでも見られるようにしています
地名の由来ってこんなに楽しいんだ~と思わせてくれる本です
そして地名を訪れる旅もアリだなと思わせる本でもあります

旅先で地名の由来を知っているとその旅が楽しくなりますよね
皆さまも歴史地名の勉強をはじめてみませんか

近所の大型古書店にて400円で購入しました

拍手[4回]

北海道戦国史と松前氏






新藤透 著

洋泉社

2016年2月 発行

価格 1050円

271ページ


数か月前に入手してからお気に入りで度々気になる部分を拾い読みしていました
今日、病院でなが~~~い待ち時間で読み切ってしまいましたww

松前氏→蠣崎氏にはそれほど興味がないのですが道南十二館といわれる和人の城館と
その主と出自に興味があったのです

城館探訪をしていて各地の土豪について詳しくなりました
道南にはそんな土豪の末裔が住み着いていました
志農里館の小林氏は上州・小林一族の出であります
脇本館の南条氏は駿河の南条一族です
原口館の岡部氏は武蔵・岡部一族とされています
箱館の河野氏は伊予港の一族といわれます
松前の副守護の相原氏は千葉一族の粟飯原氏の出と考えられています
北陸奥の地侍が道南に移住することは自然かなと思いますがそれ以外の武家はいろいろ理由があるんでしょうね
もっとも鎌倉期に北条氏の被官となり北陸奥に代官として派遣された土豪の末裔と考えられるケースが多いようです

こんなことを知ってしまうと親近感がわいてきます
4泊くらいで行ってみたいなんてこともここ数か月で考えちゃったりしてww

ああ松前氏についてですね
蠣崎氏ですね
外交や貿易に長けた一族ですね
でも一族内での内紛は戦国期以降江戸末期まであったそうで家柄ともいえそうです
蝦夷地の支配や交易については面白かった
外交として伊達家に諸氏と仕えさせたり、旗本として取り立ててもらったり
でも南部氏とは仲が悪かったそうです
新書なんですが物凄い情報量が詰め込まれています
この値段で良いのかな~なんて思っちゃいますよ^^
もっとも古本屋で760円で購入したんですが( ´艸`)

松前氏、北海道の戦国史を知りたいと思っている方にはおススメです
コマシャイン、シャクシャインはじめアイヌの蜂起については詳しく書かれていないので
そちらの情報を求めるなら他の書を探すのがよいでしょう

拍手[3回]

利根川と淀川

東日本・西日本の歴史的展開




小出博 著

中公新書

昭和50年1月 発行

価格 380円

220ページ

関東の低湿地に所在した城館を訪れることを趣味とする私にとってとても参考になった書であります
城館についての記述はありませんが古代から近代までの河川流路や湖沼についての解説が私には重要な情報であります
利根川の流路を中心に荒川の流路まで解説されていて嬉しいの一言です

オマケというわけではありませんが淀川と大阪の低湿地についても解説があります
巨椋池の干拓について、これは興味深い内容ですわ

埼玉平野部の湖沼群なんて美味しい図まで掲載されていてΣ(・□・;)

良い買い物でした 100円

新書なので詳しく解説されていませんし舟運や文化についても解説がありますがそこは不必要なので飛ばし読みっす^^

拍手[2回]

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
3 4 6 7 8
9 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29
30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]