忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[1]  [2]  [3]  [4

戦争の日本中世史

「下剋上」は本当にあったのか?





呉座勇一

新潮社

2014年1月 発行

価格 1500円

335ページ

ここ3週間ばかりこの本をずっと読んでいました
理由は面白いからです
今の私の知りたい、学びたいと思っていた欲求を満たしてくれる本はありません
鎌倉期から応仁の乱までの戦乱の話です
合戦からうかがい知るリアルな武士の生活や事情を踏まえた行動についていろいろ書かれています

元寇や南北朝期、室町期の戦乱についてこれほど面白く読めた本はありません
ワクワクしながら楽しみました
3回ほど読み直して付箋だらけになってしまいました
通勤のお供でもありましたので表紙はボロボロに^^

今川了俊と北畠親房の類似店
大内氏、山名氏の行動にみる実情
足利尊氏のカリスマ性
畠山国清の勘違い
蒙古襲来と鎌倉武士、鎮西御家人

寺田法然、富樫満成、大内盛見、仁木義長、山名時氏、野本朝行とその子・鶴寿丸、足利義持、
越智維通、四条隆資といった人物の強く興味を持ちました

中世を勉強するうえで自分の向かう方向性のヒントを与えてくれた本であります

中世戦乱について知りたいと思っている方へおススメです
難しい内容ですが堅苦しい言い回しなどなく読みやすい文章です

拍手[5回]

PR

近世の村





木村礎

教育社歴史新書

1980年7月 発行

価格 800円

254ページ


今、夢中で調べ勉強している集落、村落について
この本で学んだことは数知れず
いつのまにか基礎資料として大切な存在となっていました

購入した当初は難しくて、興味もたいしてなくて読んでいなかったのです
※小金井市の大型古本屋にて300円で購入
いつか役に立つだろうといった感じで買ったんです

そして今年8月、役立ちました\(^o^)/
フル回転の大活躍ですわ(笑)

これほど夢中になるとは・・・www
買った当初は考えてませんでしたがwww

岩手県の散居集落を訪れたことで近世集落について勉強しようと思ったんです
知りたいと思っていた東北の集落について、散居村については学ぶところがありませんでしたがそれを補って余りある魅力的な情報量( ̄ー ̄)ニヤリ

近世の村、当然ながら中世の村のシステムが受け継がれ発展したものです
その成り立ちは解説がわかりやすく参考になりました
また灌漑、水利について名主、肝煎、草切について、支配機能について、道と村の関係、信仰についてなどなど
「こんな面白い本をずっと書棚に眠らせていたなんて俺は・・・・」つぶやいてしまいます^^

『教育社歴史新書に外れなし』というくらいお世話になり学ばせていただいてます

実例として一人百姓のムラといわれる譜代下人を持つ富農の相模・牧野の神原家を紹介しています
これに魅せられて近いうちに訪れてじっくり勉強してこようと思ってます

拍手[5回]

中世東国の内海世界

地域の中世2


鈴木哲雄 著

岩田書院

2005年10月 発行

価格3000円

251ページ

近年私がもっとも力を入れて城館を見て歩いている低湿地帯の城館特に東国は近場ということもあって何度も足を運んでいます
関東では今でいう埼玉県東部、千葉県東葛飾郡、茨城県南部が魅力的です
現在は河川改修ら圃場整備、干拓などでかつての姿は失われましたが中世当時の面影を求めて彼方此方歩き回っています

中世に存在した湖沼や利根川や鬼怒川の流路、印旛沼、手賀沼周辺の湿地帯などもっとよく知りたいと思っていました
そんなときに出会ったのが本書であります
タイトルを見て購入を決まました(笑)
※八王子市の古書店にて2500円で購入

夢中で読みました、通勤、帰宅の電車内、職場の休憩時間、就寝前、トイレ、入浴中までずっと読んでいました
それだけ面白かったということです^^
とにかく勉強になりしました
吸収したい知識がギュッと詰め込まれた本書はしばらくは東国中世を知るための教科書として活用させていただきます

拍手[3回]

中世を道から読む



齋藤慎一

講談社現代新書

2010年2月 発行

価格 740円

235ページ

私にしては珍しく書店にて新書で購入した本です(笑)
齋藤慎一さんの著書は私にとって城館探訪の教科書的なものでいろいろと勉強させていただいております
今回紹介するのは「中世の道」についてであります
戦国大名の書状に使われる路地不自由という言葉についての考察にはじまり河川の渡し、水量や鎌倉道の道筋、国境の峠についてなどなどを実例に道について解説されています
正直言うと私の頭ではまだまだ理解しきれていないのですが本書を読むことはものすごく楽しいです
本書を教材として古道と城館を見ているいたこともありますが面白かったですよ
おそらく今後も何回も読み直して新たな発見をして現地へ赴き確認して楽しむことを続けるのでしょう
読めば読むほど、現地に行けばいくほどに理解を深めることができる本だと思っています
城館を趣味としている人間はやっぱり現場に行かなくちゃね(笑)

拍手[3回]

武士の棟梁の条件

中世武士を見なおす




野口実 著

中公新書

1994年11月 発行

価格 660円

188ページ

野口先生の東国中世本であります
この方の著書は三冊目なんですが読むたびに勉強になります
とても楽しく面白い本であります

武士の棟梁の条件とは
源頼朝が藤原秀郷流の故実にこだわったわけ、下河辺氏を重用した理由がいろいろ書かれていますが納得できました
そして下河辺氏についてとても興味をもちました
いままでは名前は知っていてもその居館や領地も把握していませんでした
近いうちに訪れてみたいと思います
何もないのは承知していますが下河辺氏がどのような地形に領地を持っていたのかを知りたいのです

そして平家についても今まで間違った認識を持っていました
本書を読んでその認識を改めました
荒々しい坂東武者に対して軟弱な西国武士というイメージだったんですね
しかし平家には伝統を重んじ教養と武芸を極めた武者が多数存在したのです
この本を読んでしまうと東国武士のイメージもガラリと変わります
野蛮という言葉がピッタリ当てはまってしまいます・・・
とはいえ坂東武者が嫌いになったわけではありません
逆に今以上に興味を持ってしまいました
そして坂東武者を束ねた武士の棟梁・源頼朝について
これもイメージが変わりました
ということで今後は頼朝についての勉強にも力を入れたいと思います

野口先生の本は読むたびに新たな発見があります
その著書には強く影響を受けています
これまでにも源義朝さん、藤原秀郷さんについて勉強するきっかけを与えてくれました

八王子駅近くの古書店にて100円で購入しました

拍手[5回]

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]