忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[1]  [2]  [3

蝦夷の古代史


 

工藤雅樹

平凡社新書

2001年1月 初版

2003年6月 第3版 発行

価格 740円

254ページ


城館探訪を趣味とする私が今現在、一番行きたい場所というか城跡というか遺跡なんですが
岩手県八幡平市にある子飼沢山遺跡なんです
前九年・後三年合戦の資料を読んでいてその存在を知ったのが今年の初めです
図面が掲載されていたのですが中世山城なんですよ^^
堀切が描かれているのですしっかり郭まであるんです
でも城跡ではなく平安時代の防御集落なんです
発掘の結果、10世紀後半の遺跡であることが判明します
しかも火災の痕跡も確認されたそうです
10世紀に山奥に山城の構造を持つ集落、火災痕、謎めいた遺跡ですね
こんな部分に魅かれまして
来年のGWに行きたいな~と思って調べ始めたんです
そしたら資料、持っていたんです
しかも発掘担当者が執筆した著書でありますΣ(・□・;)
さらにいうと2冊も( ̄ー ̄)
笑っちゃいました

そして掲載される遠景を見て行くのを躊躇しています
比高差300mというのは知っていましたが所在地に問題があります
山城の立地とは違って深い谷に囲まれる奥まった山中の尾根にあるんです
背後には岩手山(標高2000m越え)が見えるじゃありませんか
こりゃ~一人じゃ危ないな~と感じました次第であります^^

地形図みても・・・・キケンかな、富士山の麓みたいな地形図に苦笑いですわ
でも発掘当時の話や考察を読んでいると行きたくなりますわ
遠路、岩手の奥までいって車中泊でこの山登って生還できるのか
残雪の可能性、クマとの遭遇などなどネガティブに・・・

城館を研究するうえで行っときたい場所です
覚悟を決めるどころか一歩二歩後退してしまう写真・・・
この写真と図面との戦いですわ(笑)

本書の内容ですがタイトル通りに北東北の蝦夷についてであります
発掘の成果を交えいろいろ語られています

私は防御性集落の項目しか読んでませんが^^

子飼沢山遺跡、行くことができるのだろうか?
自分でもわかりませんwww

250円で購入してますがどこで買ったか覚えてません^^

拍手[3回]

PR

奥州・秀衡古道を歩く




相澤史郎

光文社新書

2002年8月 発行

価格 680円

195ページ


北上市を起点に横手市まで延びる秀衡古道といわれる奥羽山脈を越える東西の交通の為に利用された道、秀衡道と呼ばれる古道について書かれた本です

資料的な内容を期待して購入したのですが内容は自分の望んでいるものでなかったため長い間書棚に眠っていました
先日、秋田高速道を通ったことでこの本を読んでみようと思いました^^
錦秋湖辺りの険峻な地形、山肌の露出した鉱山跡の山々の景色はスゴイですね

和賀郡と平鹿郡を結ぶことから平和街道という道が開通したのが昭和初期とのことです
奥羽山脈を突っ切る最短ルートで古代から人の行き来が多かったようです
胆沢から払田柵や秋田城へ向かう役人や兵士、鉱山関係者、猟師、商人、蝦夷などなど様々な人が往来しました

本書では平泉から湯田までの伝承、古道の現状や把握、鉱山について書かれています

中世についての記述に期待していたんですけど和賀氏と小野寺氏の合戦とか
ありませんでした^^

秀衡古道というタイトルですが平安末期の古道についてあまり触れてません^^

読み物としては面白いのですが求めているものではなかったので^^
それでも西和賀、湯田町のついて知ることができました(収穫)

作者は歴史学者ではなく詩歌文学の方なのでタイトルも古道を歩くと書いてありますが
踏査した記録ではなく詩人的に歩く→感じるといったイメージなのでしょう

大型古本屋にて250円で購入

拍手[2回]

一関市の歴史 上

岩手県市町村地域史シリーズ 11






岩手県文化財愛護協会編

八巻一雄 小野寺啓 共著

平成3年12月 発行

価格  1500円

267ページ


岩手県・・・しばらく行ってないですね
最後に訪れたのが一関市かな
このシリーズは現地の図書館で見た気に入ってました
まさか一関市が入手できるなんて、東京都福生市の大型古書店にて810円で購入っす

上巻は原始~古代~中世~近世初期までを解説しています
ちょうど私のヒットゾーンです^^
ちなみに下巻は売ってませんでした

このシリーズは中世の解説が充実しているのが嬉しいです
ありがちな近世メインの地域史でないのが特徴であります
本書では紫桃正隆さんの図面を引用し中世城館の解説もされています

前九年の役、安倍氏、舞草刀は私が最も興味のある部分です
さらに留守政景さんについて、小野寺氏、黒沢氏、赤荻氏、小岩氏、佐藤氏、舞草氏など市内の地侍について、葛西氏について、骨寺村の在家について
中身が濃いですね^^

毎度のことですが読んでいると行きたくなりますわ^^
次に一関を訪れるときはマニアックな城館探訪と史跡めぐりができそうです
もちろん本書は携帯して旅となります

拍手[3回]

fujiwarakiyohira.jpg平泉の世紀 藤原清衡
高橋富雄
清水新書
昭和59年10月 発行
価格 520円
217ページ


奥州藤原氏、藤原秀衡なんていうタイトルの書は結構出版されていそうですが初代・清衡さんが題名となっている書は私は初めて見ました
高橋富雄さんの奥州藤原氏関連の書は数冊所有していますがこのタイトルが決め手となり購入しました(笑)
藤原清衡を中心に前九年の役から頼朝との奥州合戦までの藤原氏について書かれたものです
この手の本は何冊も持っていますがどれを読んでも似たような内容になるのですがいずれも面白いんですよ

そういえばしばらく奥六郡に行ってないな~
仕事の疲れを癒やすには北上川しかないかな(笑)

昭島市の古本屋にて250円で購入

拍手[3回]

fujiwarabunnka.JPG平泉藤原時代(上)(中)
~その文化と人々~
小池平和 著
耕風社
1996年10月(上)
1996年11月(中)
価格 各1700円
上巻256ページ
中巻300ページ


数年前に平泉を訪れた際に一関に宿をとりました
暇つぶしに市内を車で散策していて見つけた大型古書店の一関店で購入した本です(各900円)
そのときは平泉の史跡を見てまわったばかりで気分が高揚していたので勢いで本書を購入しました
宿に戻りよ~く考えてみると藤原関連の本はたくさん持っているしこの時の旅でも何冊か購入したじゃないかと反省
翌日、栗原市の古書店で栗駒町の中世本(4000円)が予算オーバーで買えませんでした(笑)
正確には本を買い過ぎと妻に窘められました『昨日の本を買わなければこれ買っても良かったけど』 私・・・
別にこの本が悪いわけではありませんがそんな理由で読む気にならなくてしばらく書棚に眠らせていました
それにもう一つ理由があって実は下巻がないのです
古本屋で買ったのだから仕方ありませんが下巻は藤原秀衡さん義経さん、照井太郎さんについて解説されているのです
巻末の続刊紹介欄をみてガッカリ・・・

上巻は古代東北の戦乱、前九年の役、後三年の役、秀郷流の藤原氏そして藤原清衡さんについて解説されています
後にしっかり読んだのですが資料として役だたせていただきました

中巻は当然ながら藤原基衡さん中心に書かれていて毛越寺、中尊寺金色堂について、清衡さんの後継争いについてな
こちらもかなり参考になりましたそしてかなりの情報量です

こうなると下巻も欲しくなりますがおそらく入手は無理でしょうね

拍手[2回]

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
3 4 6 7 8
9 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29
30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]