忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[1]  [2]  [3]  [4
hougennheiji.JPG保元・平治物語
古典文学全集
陶山国見
ポプラ社
昭和40年11月初版
昭和52年11月18版
価格700円


保元物語
平治物語
岩波文庫
岸谷誠一校訂
1991年復刊版
価格310円と360円


大河ドラマで平清盛さんが人気を集めだしているようです
でも私はなんといっても清和源氏派であります
源為朝さん、源義平さん、源義親さん、源義経さん、木曽義仲さんは子供のころから私にとって愛すべき存在であります
ポプラ社の保元・平治物語は小学校の高学年になった頃に父親からクリスマスプレゼントでもらったものです
この本での源為朝、源義平の超人的な活躍とやんちゃぶりに惹かれました
私にとって清盛さんは悪人でしかありません(笑)
その後、武蔵武士に興味を持つようになりその活躍を読んでは館跡や所縁の地を訪ねたりもしています

岩波文庫のほうは八王子駅近くの古書店で200円、250円で購入しました

拍手[2回]

PR
eikyou.jpg永享記・永享後記・湘山星移集
関東史料研究会
リプリントシリーズ3
発行年不明
価格不明
50ページ


関東室町記の鎌倉公方、関東管領上杉氏の争いを中心とした戦乱を記した書です
以前から欲しいと思っていましたが高価なものなので手が出せずにいました
先日、行きつけの飯能市の古書店で発見し購入しましたが150円で売られていました
この小冊子には永享記、永享後記のほかに上杉禅秀の乱を記した湘山星移集まで収録されております
涙が出るほど嬉しいっす(笑)
でも何故か湘山星移集だけ漢文なんですね
明治30年代に発行された史料のリプリントされたものなので仕方ないのですが読み解くのに物凄く時間がかかります

私は関東の城館を中心に訪れているのでこういった史料は自然と欲しくなるのですね
しかし、関東の戦国初期ってとても複雑だと思いませんか?
私は理解するのに10年以上かかりましたよ(いまだ理解しきれていないかも・・・)

拍手[3回]

soga2.jpg曽我物語
村松定孝 訳
ポプラ社
昭和41年3月 初版
価格 800円
254ページ


ポプラ社さんが発行した児童向け古典文学全集15「曽我物語」です
中学1年生のときに親に買ってもらいました
ちょうど家族旅行で箱根に行った際に兄弟の墓と伝わる五輪塔を見た後で興味があったのです
しかし、兄弟が親の仇討ちをするという内容が当時の私の心に響きませんでした
感想としては北条時政さんって良い人だな~と思った程度でした(笑)
後に時政さんは極悪人であると知った時はショックだった~

今年の4月に曽我兄弟縁の館を尋ねた後に久しぶりに読んでみましたがなかなか面白い物語でした
低年齢層向けの内容なので1時間もあれば読めてしまうでしょう

兄の十郎よりも弟の五郎に魅力を感じましたね
いつの時代も兄よりも弟は自由奔放なのですね(私は長男です)

 

拍手[2回]

カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]