忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9

鎌倉幕府の転換期

吾妻鏡を読みなおす



永井晋

NHKブックス

2000年12月 発行

価格870円

220ページ


昨年、私が最も読んだ本を紹介します
「鎌倉幕府の転換期」永井晋さんの著書であります
何回読んだでしょう・・・覚えていません
この本をヒントに城館探訪というか鎌倉御家人の居館跡を何回もしました

下河辺庄に何度も足を運んだのはこの本の影響が大きいです
秀郷流故実、弓馬の達人であります
源頼政に仕え都で教養も身につけたであろうこの人物に惹かれました
下河辺氏は昨年一年常に頭の中にいました^^

そして以仁王についてです
今までは周囲に担がれた軟弱な皇子くらいにしか思っていませんでした
実はこの皇子はとんでもない大物になる可能性を秘めていたんですね
この人について初めて知ることが多くイメージがガラリと変わりましたね
南北朝期の護良親王並みの剛毅な人物ではないかと推察します

「吾妻鑑」を読みなおすとサブタイトルにもあるように以仁王の挙兵から宝治合戦まで
鎌倉幕府にとって重要な事件や事柄についての考察です
私は吾妻鏡を所有していてもちゃんと読んだことがないので書かれていることを全て受け入れたのち気になる点は自分で吾妻鏡を読んで考察したりもしました
だから私の場合「吾妻鏡を読みなおす」を読んで吾妻鑑を読みなおす^^
本当に勉強させていただきました
城館探訪を趣味としている私が鎌倉期の武士の居館跡、伝承地を探す歩く時間が以前より増えたのは永井晋さんの著書による影響が大きいのであります
そして、そのことをとても楽しんでいます

八王子駅近くの古書店にて500円で購入しました

拍手[4回]

PR

戦国史の怪しい人たち

天下人から忍者まで


 

鈴木眞哉

平凡社新書

2008
鈴年5月 発行

価格 760円

225ページ

この方の本は大型古本屋で100円で売られていることが多くよく購入していますが
あまり好きではありません
理由については語りませんが嫌いなんです^^

本書はタイトルに興味を持ち立ち読みしていたら記憶の憶測に眠っていた懐かしい人物の名前を見つけて懐かしさのあまり購入してしまいました
もちろん税込で108円であります^^

その人物とは沙弥可であります
文禄の出兵の際に加藤清正に属し3000の兵を引き連れ渡海するも朝鮮に降り日本軍と戦ったとされる人物です
この人のことを知ったのは30年ほど前でしょうか
女性みたいな名前だしわざわざ朝鮮に降るなんて珍しい人もいるんだな~と思ってました
その後、この人の名前を聞かなくなりました
そして本書で再び沙弥可の名前を目にしたのです
内容を読んでみるとどうも実在の人物ではないようですね
朝鮮側の捏造説が濃厚のようです

他にも小中学生の頃に知ったここでいう怪しい人物たちについて書かれていて読んでいて楽しかったです
筆者の本を読んで楽しい、面白いと思ったのは初めてかも(笑)
尼子十勇士、真田十勇士、岩見重太郎なんて本当に懐かしいな~

一つ新たに参考になったことがありました
大野治房についてであります
大坂方の武闘派だということは知っていましたし好感のもてる人物だと思っていましたが本書を読んでその怪しさにさらに好感度UPです(笑)

暇つぶしのつもりで購入した本ですがかなり楽しめました





拍手[3回]

鎌倉政権

論集日本の歴史4



豊田武 児玉幸多 大久保利兼 監修

有精堂出版

昭和51年2月 発行

価格 2800円

354ページ


八王子駅近くの古書店にて100円・・・超格安で購入した学術書であります
鎌倉幕府、政権に関する論集で私がこれからずっとお世話になる本だと思ってます
現在も少しずつですが自身の勉強に役立てています
平安末期から南北朝のディープな歴史を知ることが私のライフワークですから^^

石井進さん、入間田宣夫さん、石母田正さん、川添昭二さん、瀬野精一郎さん、安田元久さん、竹理三さんなどなど錚々たる面々の論集が収録されています

論文のタイトルも涎がでるほど魅力的なものばかりで購入当初はどれから読もうかなんて迷っていました
でも目次だけでお腹が一杯になってしまいました^^
いくつかの論考は読みました
「承久の乱後の新地頭補任地」「承久京方武士の一考察」田中稔
「岩門合戦再論」川添昭二

今後は必要に応じて本書に収録される論集を参考書としていろいろ勉強することになります
書棚に収められたこの本を見る度に「これ100円で勝ったんだよな~」と妙な幸せ感に包まれるのであります^^

拍手[2回]

戦国大名はイケメンがお好き?



渡邊大門

ベスト新書

2009年5月 発行

価格 762円

200ページ


ここのところ積極的に購入している渡邊大門さんの著書です
この方の著書は面白くてハマっています
この本はタイトルからして私好み^^
男色のお話かと思い即購入っす   青梅市の大型古書店にて100円で購入
しかし、非常に残念ながら男色に関しては最終章で扱われとても物足りない感じが・・・
※いちおう言っときますが私はアッチの人ではありませんよ^^

大半は戦国期のセックスに関するお話であります
そちらも嫌いではないので・・・いやどちらかというと好きなのでこれはこれでしっかり読みました
いつもよりも速く読み終えました(笑)
渡邊さんの著書なので史料を駆使して戦国期の性に関するアレコレを書き連ねています

正直いって面白かったです^^
こういう戦国本、新鮮でした
性的な興奮など微塵も感じないセックスに関する本であります(笑)
一つだけ文句を言わせてください、タイトルはちょっと違っていますよ
というかタイトル通りの本、いつか執筆してくださいね^^

拍手[3回]

牢人たちの戦国時代





渡邊大門 著

平凡社新書

2014年3月 発行

価格 800円

239ページ


昨年夏のことですが私自身の第2次赤松ブームのきっかけとなったのが本書であります
古本屋で何気なく手にとったのですがお家再興のため赤松牢人による神璽奪還任務についてのお話が面白くてついつい立ち読み&購入です
青梅市の大型古本屋にて410円で購入

赤松牢人でもひときわ目を引いたのが石見太郎という人物です
お家再興のために京の都で暗躍しました
本書を買ったその日から赤松氏に夢中になりました
以前のマイブームは円心さんだったのですが今回は満佑さんとその弟・則繁さんに夢中になりました
足利将軍暗殺という事件とその後の幕府軍との戦い
則繁さんについてはさらにその後があって九州に逃れ倭寇として暴れまわった強者なんです
赤松一族はなんと魅力的な人物が多いんだ~
ちなみにお家再興後から戦国期の赤松氏についてですがいまのところ興味ありません
というかあまり知りません^^
城も苔縄城や白旗城、佐用城には興味あるんですがそれ以外はピンときません
第3次赤松ブームが来るとすれば戦国期になるのでしょうか?
それは今のところ不明です^^

話がそれましたが牢人、浪人同じ意味または似たような意味だと思っていましたが
牢人とは主家を去り俸禄を失った武士、士官していない武士、主人持ちでない武士をさします

一方、浪人とは郷里を離れ諸国を流浪する人という意味なんだそうです

そんな解説から始まり赤松牢人、尼子牢人はじめ戦国期から大坂夏の陣まで立身出世を狙う牢人について書かれているのですが面白いの一言です
本当に楽しい本でした
何回も読み直しましたが面白いっす^^

赤松牢人の石見太郎さんですがお家再興に尽力しましたがそのことが播磨守護になった山名宗全さんの逆鱗に触れ暗殺されたそうですがそれはまた別の本を紹介する際にお話しします

拍手[5回]

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
3 4 6 7 8
9 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29
30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]