忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239
byouki.jpg日本人の病歴
立川昭二
中公新書
昭和51年11月
価格 不明
272ページ


地元の図書館を訪れた際に廃棄され「ご自由にお持ちください」と書かれていたのでもらってきました
タイトルに興味をもちました
古代から近代に至るまでの日本人が患った病気に付いて書かれた書です
各時代の史料の様々な病気の記述を抜出て考察されたものです
古代から中世の日本は疫病、伝染病関連の記述を読んでいると現代人には想像もつかない世界だったのだと思います
子供のころに中世にタイムスリップして生きてみたいなどと考えた頃がありましたがおそらくすぐに何かしらの病気(風土病)にかかってしまうのだろうとこの本を読んで思いました(笑)

梅毒と結城秀康、平均寿命の話、死亡統計、コレラ、脚気、疫病と飢饉、中風など興味があったので熟読させていただきました

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 8 9
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]