忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[698]  [697]  [696]  [695]  [694]  [693]  [692]  [691]  [690]  [689]  [688

 下総板碑




清水長明 著

庚申懇話会刊

1984年7月 発行

価格 3000円

210ページ

最近、板碑について考えることが増えました
板碑の所在地から城館跡や武士の屋敷地を知ることが楽しくなったからです
きっかけは東京都の青梅市の板碑、日の出町の板碑/齋藤慎一 羽村の板碑と石碑といった資料に影響を受けたからです
私の知っている板碑のほとんどが武蔵型でありますが地方によって形や石質が違うことも知っていました

「成田参詣記」中路定俊の著書にて消化される成田山新勝寺にある板碑の挿図が気になっていたんです
塗り壁みたいな形の板碑で武蔵型とはずいぶん違うな~と思ってました
下総の板碑で検索したらこの本がHITしたので買いました(笑)
674円送料込みです

香取郡を中心に多く分布しているようです
佐原や小見川は年内に一度は再訪したいと思っていたので良い資料が手に入ったと喜んでいます
板碑の所在地と城館の所在地を照らし合わせ気になるものを見学してこようと思ってます
城館だけでは魅力が薄いと思っていた香取郡ですが板碑そして野馬土手と一緒に見学することでテンションが一気に上がりました↑(笑)
下総の代表的な板碑89枚紹介され一部では詳しく解説がされています
この解説が面白いんだな~想像が膨らむね(笑)

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]