忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[750]  [749]  [748]  [747]  [746]  [745]  [744]  [743]  [742]  [741]  [740

楠木正成





新井孝重

吉川弘文館

2011年11月 発行

価格 2400円

242ページ


このブログで楠木正成関連の書籍をいろいろ紹介してきましたが本書はベスト
正成さんを知るに最適な書と思っています

楠木正成さんと私の出会いは古いです
小学生の頃に読んだまんが足利尊氏に登場する彼を見て興味を持ったことに始まります
児童向けの太平記を読み好きになりました
私は父親の影響で歴史好きになりましたが初めて自分の意志で好きになった人物が正成さんでその思いは30数年経た今も変わりません

現在の彼の人気は決して高いとはいえません
高齢者を中心に知名度は抜群なんですけど^^
古書で購入しましたが500円しませんでしたΣ(・□・;)
私としては嬉しいですけど複雑な気持ちです人気ないんですね^^

本書では楠木正成の出自から生涯、合戦について実態を深く探り新たな発見を記しています
ルーツ、河内の悪党と考えられていましたが実は北条氏の御内人であったのです
正成の先代あたりは駿河の入江荘に居を構えていたということがわかりました
この本を読んで私は静岡市清水区の楠地区へ足を運びました
何もない住宅街でしたが発祥の地ということになるので特別な思いがこみ上げてきましたwww

正成さんについては知り尽くしたはずですがまだまだ知らないことがたくさんあったことに喜びながら立て続けに3回ほど読みました
やっぱり好きだわ~正成さん
西国武士ではなく東国武士がルーツというのことも親近感さらに増します

そしていつも思うのは湊川、千早、赤坂行きて~であります
きっといつか、必ず^^

楠木正成という男に興味のある人には本書をおススメします

拍手[7回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 15 17 18 19
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]