忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[531]  [530]  [529]  [528]  [527]  [526]  [525]  [524]  [523]  [522]  [521

武田家臣団

~信玄を支えた24将と息子たち~



近衛龍春 著

学研M文庫

2006年9月 発行

価格760円

426ページ

東国の戦国武将を題材とした小説を書く近衛初春さんが武田家臣団について書いた書であります
ここ数年、ほとんど小説を読むことのない私ですが近衛さんの作品をいくつも読んでいます
史実を追求するスタイルは物語としては物足りないのでしょうが私にとっては内容が云々というよりいろいろと参考になる書であり解説にもかなり影響を受けています
※もっとも影響を受けたのは家臣団の正しいとされる名前、春日虎綱、真田幸綱、三枝昌貞、秋山虎繁、内藤昌秀
巻末に記される膨大な史料・資料も参考にしています

扱いとしては資料に近いものがあります

24将についてはいままでもいろいろな書物を読みましたが私は本書がベストだと思っています
甲州へ出かけた翌日は必ずといってよいほどとりだして読みます
訪れた先に関連する武将について読むなおします
文庫本なので持ち運びに便利な武田家臣辞典とでもいいましょうか
通勤、帰宅時の電車内でどれくらい読んだかな~
とにかく手放せない一冊であります
青梅市の大型古本屋にて100円で購入しました


拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 3 4 5 6
7 8 9 10 12
14 16 17 18 19 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]