忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[780]  [779]  [778]  [777]  [776]  [775]  [774]  [773]  [772]  [771]  [770

京都見廻組 秘録

竜馬を斬った幕府治安部隊




菊地明 著

洋泉社歴史新書

2011年8月 発行

価格 860円

222ページ

先ほど読み終わりました本の感想であります
京都見廻組の実像にせまると書いてありますが実は見廻組にはそれほど魅力を感じていません

佐々木只三郎さん、今井信郎さんに興味があるのです
というか只三郎さんは会津出身で武家屋敷に墓参りまで行ってるくらい好きな人物なんですね
人斬りっぽいイメージもありますが会津育ちの武人ですから職務を全うしただけで名を売ろうなどといったよこしまな考えはないと思います

見廻組の創設から終焉までを新書ながらも濃密に解説されていてこれはこれで読みごたえありました
終焉に関しては意外と知られていないですからね^^

そして坂本龍馬を斬った寺田屋のことですが読みごたえありますね
面白いっす

佐々木さんの最後に関しても従来の説よりもさらに踏み込んだ考察がされていて面白かったっす

笛吹市の大型古本チェーン店にて200円で売られていました(感謝)

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]