忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[541]  [540]  [539]  [538]  [537]  [536]  [535]  [534]  [533]  [532]  [531

 三河 松平一族德川将軍家のルーツ

 

平野明夫
洋泉社MC新書
2010年5月発行
価格 1900円
382ページ

どうしてでしょう?徳川氏、松平氏関連の書籍を偶然発見することが多いです
そして購入してしまう・・・
家康さんは好きでありませんが松平氏に関しては少なからず興味があるから買うわけですが・・・

松平初代とされる親氏さんから家康さんの父上・広忠さんまでを時代背景を交えて解説しています
やっぱり清康さんの活躍は目を引きますね
でも私は広忠さんに興味を持つようになりました
この人、世にいわれているほどダメな人ではなかったように思えます
幼くして父を失い一族に領国を追放され、家臣の働きで帰還するも今川、織田に領地を挟まれ四苦八苦・・・おまけに叔父にも悩まされ・・・
そして最後も・・・謎といえば謎ですが・・・
いいとこないじゃん(笑)
いやいやそんなことないですよ
この人は家康さん以上に苦労人です
強力な家臣団に支えられなんとか領国経営もしていたわけで

家康さん以前の松平氏について三河についてよくかかれていて参考になります
三河の郷土資料をもっていない私にとって大切な情報源であります

鶴ヶ島市の大型古本屋にて900円で購入しました

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]