忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[771]  [770]  [769]  [768]  [767]  [766]  [765]  [764]  [763]  [762]  [761

戦国の交渉人

~外交僧・安国寺恵瓊の知られざる生涯~




渡邊大門

洋泉社

2011年11月 発行

価格 860円

253ページ

安国寺恵瓊さん、関ケ原の戦犯として処刑されたということは知っていました
安芸武田氏の末裔ということも知っていました
でもそれ以外のことはあまり知りませんでした
渡邊さんの著書、大型古本屋で100円で売られていたことで購入しました
しばらく放置していたのですが冬休み中に暇を持て余して何気に本書を読み始めてみました

実はこれが面白くて、つい先日まで読んでいました
付箋だらけですわ
つまり物凄く参考になったということです

毛利家の外交を担い、数々の交渉をこなし信長や秀吉、足利義昭といった大物にも認められた人物です
その実像に迫る書です
生い立ちという部分、実はココが最も気になっていたのですが史料が少ないことからあまり触れられていません(残念)
しかし、それを補って余りある毛利家の外交僧としての恵瓊さんの人生
本能寺の変後、豊臣秀吉との和平交渉について
これは読みごたえありました
毛利氏の立場、恵瓊さんから見た交渉はとても困難を極めるものでした

足利義昭さんを毛利家で迎え入れる際の恵瓊さんの役割、恵瓊さんから見た義昭さん
これも読みごたえあったな~

恵瓊さんは大名ではなかったという論考もまた楽しく読ませてもらいました

優れた情報分析力、交渉術を持つ人物で戦争を未然に防ぎ政治的な解決を望む人物です
『毛利家のために』尽くした生涯ですが主家の罪を一身に背負い処刑されます
悪人という評価がなされていますが本書を読めば自ずとその評価が違うことがわかります

良い本でした^^

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17
19 21 22 24 25
26 27 28
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]