忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[486]  [485]  [484]  [483]  [482]  [481]  [480]  [479]  [478]  [477]  [476

北条高時と金沢貞顕

やさしさがもたらした鎌倉幕府滅亡


永井晋

山川出版社

2009年10月 発行

価格 800円

85ページ

太平記を愛読してきた私には北条高時さんは「暗愚な執権」田楽、闘犬好きというイメージを子供の頃からもっていました
しかし大人になり、というか近年ですが彼についての資料を目にする機会が増えそのイメージは薄れてきました
本書を読んでさらに高時さんに対するイメージが変わりました
とはいえ興味のある人物ではないのでどのようにイメージが変わったかについては書きません
関係ありませんが高時さんの腹切りやぐらに行ったことがあるのですがとても怖い場所でした

金沢貞顕さんについても興味がないので触れません(笑)

では本書をなぜ紹介するのか?
マニアックな情報がいくつも掲載されていたからです

●金沢氏の館は居館、称名寺、山城が一体になった区画である
●楠木氏は駿河入江荘に住む御家人で北条氏の被官であった
●金沢貞顕が幼少期を過ごしたのは千葉県白井市、富谷氏の居館である
●津軽安藤氏の内訌、蝦夷地争乱について

という具合に情報だけを抜き出して実は本書の本質については理解していおりません(笑)
この情報だけでも本書を購入してよかったと思っています
本書の内容もじっくり読んでみようと思いますが当分先になりそうです

熊谷市、大型古本チェーン店にて400円で購入しました

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]