忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[428]  [427]  [426]  [425]  [424]  [423]  [422]  [421]  [420]  [419]  [418
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本奥地紀行


イザベラ・バード

平凡社

価格 1500円

2004年11月 第8版

529ページ

この夏、私が一番興味深く読んだ1冊であります
イギリスの紀行作家、旅行家のイザベラ・バードさんの著書です
明治11年、外国人女性が真夏の東日本から北海道を旅した記録であります
この方、病気を患っており健康回復を一つの理由として日本を訪れるのですが
前人未到の日本奥地を悪路やダニ、蚊などに悩まされながら旅するのです
私はここでツッコみを入れたくなりますがグッと我慢しましょう(笑)

ご存知のように私はここ最近、会津にハマっていましてバードさんの記した明治初期の会津とその行程や当時の状況を知りたくて購入しました(青梅市の大型古書店にて750円)
戊辰戦争で疲弊した会津高田町や坂下町の様子が生々しく記されています

否定的な記述が多く日本人として受け入れがたい話もありますが興味深い記述もたくさんあります
実はまだ全部読んでいないのです
新潟県の津川までの行程は読みました

その先は今後その地を訪れる際に読もうと思っています
栃木市や日光の様子、外国人観光客が多い日光での滞在記は面白かったです
全ての方にオススメできる本というわけではありませんが明治初期の東北や北海道の様子を知るには最適な書といえそうです

拍手[5回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]