忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
dazaifu.jpg大宰府戦国史
吉永正春
海鳥社
1993年6月新装版
1600円
297ページ

北九州における戦国史研究の第一人者・吉永正春さんの著書です
室町期から戦国末期までの大宰府・博多を中心とする地域の戦乱について書かれた本です
戦国期の大宰府と聞いてもあまりピンときませんね
九州を統括する機能を有していたのは平安末期までで鎌倉幕府が開かれてからは博多に出先機関が設けられて機能のほとんどが移転していたのでしょう
それでも少弐氏は大宰府に拠点を置き北九州に大きな力を持ちました
南北朝期には南朝方により西征府が置かれます

戦国末期、岩屋城で島津軍を迎え撃つ大友氏家臣・高橋紹雲について
戦国期に滅亡(自滅)してしまう少弐氏について詳しく書かれています

個人的に少弐氏について興味があったのでとても勉強になりましたが吉永さんの他の著書から転載された文章が目立ちます
「筑後戦国史」「筑前戦国史」などをお持ちの方はあえて購入しなくてもいいかもしれません

八王子市の大型古書チェーン店のタイムセールで850円のところ500円にて購入しました

拍手[2回]

PR
kumamotonosiro.jpg熊本の城
鈴木喬
熊本日日新聞社
昭和50年7月発行
定価650円

2006年に初めて九州の城を訪れる際に購入しました
「日本の古本屋」で1500円で売られていました
なかなか希少本のようですよ

熊本県の城を80以上紹介しています
当然ながら熊本城、八代城、人吉城に多くのページをつかい解説していますが
私が興味のある菊池氏の城や宇土古城、合志城が収録されているのが嬉しいです

情報が古くガイドブックとしての使用は難しいです
実際に本を参考に「内牧城」を訪れましたが???でした(笑)
昭和40年代の遺構状態がよくわかる写真が掲載されているのが嬉しいです
縄張り図、古図、実測図も一部で掲載しています

たまにこの本を見る度に熊本に行きたいな~と思います
もちろん菊池市を中心に訪れたいです

拍手[2回]

カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]