忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
kumamotorekisi.JPG熊本の歴史2
熊本日日新聞社
1959年4月 発行
価格 200円
223ページ


以前、少しだけお世話になった熊本日日新聞社の発行した熊本の歴史であります
立川市の古書店で購入したのですがカバーがされていて立ち読みできず中身を確認しないまま購入しました
思っていた内容とは違いましたがなかなか面白かったです
実は2巻ということで普通ならば中世だろ~と思ったんですね
表紙も竹崎季長さんだったし
でも内容は中世も扱っていますが奈良時代から鎌倉幕府滅亡まででした
つまり私の目的である菊池武光さんが扱われていないのです(笑)
それでも菊池氏の出自について(武時さんも収録)、熊本に移住した児玉党・小代氏相良氏について書かれていたりします
荘園や武士団についても解説していたりなかなか読みごたえあります

この本は50年も前に出版されたものなんです
日焼けはしていますが中身は良品でした
値段は発行された当時の3倍の600円でした

拍手[3回]

PR
ooitaoka.JPG岡城物語(再販)
北村清士
昭和62年10月 刊行
非売品※
130ページ


詩情豊かな岡城物語という書名ですがまさにそのとおりの素晴らしい城でした
城館探訪を趣味とする私と詩を嗜む妻が新婚旅行の行先に選んだ城です
断崖上に築かれた高石垣に囲まれる要害城は私たち夫婦を圧倒しその魅力は帰郷後も食卓の話題になりました

本書は岡城の駐車場に併設する売店で購入しました
非売品となっておりますが値段は1000円~1500円でした
昭和30年に発行されたものを岡城築城800年を祝して再販したようです
貴重な古写真や巻末に織り込みで付く明治4年7月の廃城時に略図が気に入りました
岡城の歴史、城の構造と城内の地名、城主であった志賀親次さんや中川秀成さんについて
滝廉太郎さんと荒城の月についてなど詳しく書かれています

城逢人で紹介する岡城です
http://www.geocities.jp/sisin9monryu/ooita.html

拍手[3回]

kikutikoubou.jpg菊池一族の興亡
荒木栄司
熊本出版文化会館 発行
亜紀書房 発売
2004年12月 第六刷
(初版1988年4月)
価格1500円
199ページ


私の大好きな菊池一族について書かれた書籍です
菊池氏のおこり~滅亡までの歴史と主な当主と一族についてかかれています

私としては菊池氏といえば武房さん、武時さん、武重さん武光さん、武朝さんが好きなのですが
残念ながら彼らについてはあまり詳しくかかれておりません
戦国期の菊池氏については知らないことも多かったのでそちらのほうでは大満足なのですが・・・

系図、年表、資料が付録扱いで掲載されております
史料では「菊池武朝申し状」と呼ばれる武朝が吉野の朝廷に呈出した訴状や
寄合衆内談の事」「天罰起請文の事」など南北朝期は菊池氏を学ぶ史料として勉強させていただきました

物足りなさを感じますが菊池氏を扱った貴重な書籍なので大切にしております
熊本市内の書店で購入


拍手[5回]

kumamoto2.jpg人あり熊本城ものがたり
勇知之
もぐら書房
平成18年1月 発行
価格 1050円
95ページ


国内外から多くの観光客で賑わう熊本城、とても良い城ですね
近世城郭で一番好きかも知れません

本書はサブタイトルに「判り易くて、おもしろくて、ためになる」とかかれていますが
そのとおりの内容でした
とくに井戸掘り職人をつかい地盤や地質のボーリング調査をした話など参考になりました

熊本城の縄張りや構造云々の解説本ではなく城にかかわった人の紹介であります
隈本城時代の鹿子木寂心さんからはじまり加藤清正さん、細川忠利さん、谷千城さんや宮本武蔵さん、飯田覚兵衛さん、森本儀太夫さんなど城に関係する魅力的な人物について紹介しています

ガイドブックとしての使用は難しいと思いますが城を訪れた後に読むとかなり楽しめるのではないでしょうか



城内の売店で購入しました

 

拍手[2回]

fuuunnkikutiitizoku.jpgまんが風雲菊池一族
~今よみがえる白龍伝説~
画 森藤よしひろ
菊池祭り再興を考える会
1995年3月 発行
価格 1050円
184ページ


南北朝期に九州を中心に南朝方として大活躍した菊池一族を描いた「風雲菊池一族」を紹介したいと思います
私と菊池一族の出会いは子供の頃に読んだ児童向けの「太平記」にでてくる菊池武敏さんが初めてでした
多々良浜の合戦での敵役としてたいした活躍の場もありませんでした
菊池氏にあまり興味もありませんでしたが15年ほど前に北方謙三さんの「武王の門」を読んでからは菊池氏に深く興味を持ちました
何冊も書籍を購入し、数年前には菊池市を訪れ菊池城や菊池武光さんの墓などを見学してきました

この本では菊池武時さんや武光さんのみならず菊池の兵を率いて東国や畿内で活躍した武重さん、
楠木正成一族と最後を共にした武吉さん、武光の子・武政さん、その子・武朝さんなど菊池一族の活躍が描かれています
とくに千本槍の考案者・菊池武重さんの活躍が多く書かれていることが嬉しかったですね~

本書はきくち観光物産館のHPにて販売されています

私は青梅市の大型古書店にて450円で購入しました
 


拍手[3回]

カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 9 10
14 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]