忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[621]  [620]  [619]  [618]  [617]  [616]  [615]  [614]  [613]  [612]  [611

中世東国の内海世界

地域の中世2


鈴木哲雄 著

岩田書院

2005年10月 発行

価格3000円

251ページ

近年私がもっとも力を入れて城館を見て歩いている低湿地帯の城館特に東国は近場ということもあって何度も足を運んでいます
関東では今でいう埼玉県東部、千葉県東葛飾郡、茨城県南部が魅力的です
現在は河川改修ら圃場整備、干拓などでかつての姿は失われましたが中世当時の面影を求めて彼方此方歩き回っています

中世に存在した湖沼や利根川や鬼怒川の流路、印旛沼、手賀沼周辺の湿地帯などもっとよく知りたいと思っていました
そんなときに出会ったのが本書であります
タイトルを見て購入を決まました(笑)
※八王子市の古書店にて2500円で購入

夢中で読みました、通勤、帰宅の電車内、職場の休憩時間、就寝前、トイレ、入浴中までずっと読んでいました
それだけ面白かったということです^^
とにかく勉強になりしました
吸収したい知識がギュッと詰め込まれた本書はしばらくは東国中世を知るための教科書として活用させていただきます

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]