忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[438]  [437]  [436]  [435]  [434]  [433]  [432]  [431]  [430]  [429]  [428

消えた戦国武将





帰雲城と内ヶ島氏理

加来耕三

メディアファクトリー新書

2011年12月発行

価格740円

225ページ

この本、面白かったです(笑)
タイトルではピンときませんでしたがサブタイトルの帰雲城と内ヶ嶋氏が気になって立ち読みして見ると「おおっ~これ面白いかも~!!」と思い購入します(青梅市の大型古本屋にて350円で購入)
若い頃から帰雲城については興味ありました
山津波で一夜にして地中に消えた城です
その所在地でさえ判明していないのです
この謎についていろいろ考察されているだけでなく城主の内ヶ嶋氏について
埋蔵金伝説についてなど面白いですね~

さらに飛騨守護・三木自綱さんについてもはじめて知ることだったのでとても興味深く読ませていただきました
一向一揆と内ケ嶋氏や家臣の話、金山の話などなど飛騨の中世史ともいえる内容です
とにかく面白かった~
丁寧で読みやすい文章でした
いつか帰雲城の石碑、向牧戸城と一緒に訪れてみたいと思いました

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
7 9 10 11
13 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]