忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[435]  [434]  [433]  [432]  [431]  [430]  [429]  [428]  [427]  [426]  [425

伊豆水軍




永岡治 著

静岡新聞社

2008年3月 発行

価格 952円

206ページ

数年前に伊豆の水軍城をいくつか訪れたことがありました
本書はその帰りにたまたま立ち寄った裾野市の書店で購入しました
あまりにタイムリーすぎたので書店でニヤリとしてしまったのを記憶しています
私は海とは縁遠い山間部に近い場所で育ったせいもあり水軍には興味がありませんでした
しかし伊豆の長浜城や丸山城、獅子浜城を訪れてその構造を見ていくうちに水軍について少しだけ興味がわいてきたのかな~なんて帰り道を運転しながら思っていました
そこにこの本ですから「水軍について勉強してみたら」といわれた気になりましたよ
当然ながら帰宅してから夢中で読みました
水軍の成り立ちから戦国期の水軍領主の城、軍船や海上ルートについて、今川、武田水軍についてとページをめくる度に興味深い項目が出てくるんですよ
そのなかでも後北条氏に仕えた富永氏については特に楽しく面白く読ませていただきました
古代から戦国末期まで、伊豆水軍史ともいうべき内容はこれからも資料として役立たせていただくことになりそうです

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]