忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54
masakado.jpg平将門
~風雲児の栄光と悲惨~
赤城宗徳
角川選書
昭和50年5月再発行
定価680円

大政治家・赤城宗徳さんの将門本であります
将門の人生を描いた大河ドラマ「風と雲と虹と」の原作者・海音寺潮五郎さんは
将門研究書のなかで最も優れた書物の一つと絶賛しております
この本の初版は昭和45年ですが放映後の将門ブームにより再販されたのでしょう

同作者の各地に伝わる伝承を中心に書かれた「新編将門地誌」に比べ
本書は史実を中心にその側面まで描かれております
とくに当時の地形の考察は参考になりました

現在においても本書以上の将門研究本はないのではないでしょうか?
少なくとも私はそう思っております
何よりも読みやすく親しみやすい一冊です

20年ほど前に都内の古書店にて300円で購入しました

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
平将門の首塚
平将門の首塚は、さわると祟りがあるとされ、いまでも大手町のオフィス街のど真ん中に開発されないままの形で残っている。
URL 2011/01/24(Mon)15:25:04
西暦939年 - 承平天慶の乱
大幅に加筆しました。
URL 2011/01/25(Tue)18:50:44
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]