忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52
odasi.jpg
小田氏十五代(上・下巻)
~豪族四百年の興亡~
小丸俊雄
崙書房
1979年3月発行
定価各巻580円

八田義家にはじまる常陸名族・小田氏十五代の当主と小田氏の歴史をまとめた本です
常陸関連の資料が乏しい私としてはとても重宝しております
資料の一切ないつくば市の城館を訪れても
この本には城についての記載があったりしてサイトの更新に役立っています

上巻では初代八田知家から8代孝直まで紹介しています
私は7代当主・治久が好きです
南北朝動乱期の当主で南朝として常陸の同勢力の中心として小田城に籠もり奮闘しますが
形勢は北朝に有利に展開します
治久はお家存続か南朝に順ずるか苦悩の末、北朝に降ります
後世においてこの行為が批判されますが彼はそれを覚悟の上で小田家の存続をはかりました
子の孝直は親の苦労を目の当たりにしていたのでしょう
よくできた子で文武両道、なかなかの人物であったようです

下巻では9代治朝から15代氏治を紹介しますが天庵こと氏治が紙面の独占しています
氏治は私のお気に入りの武将の一人で近隣の佐竹、結城、真壁、多賀谷氏との抗争で
小田城を何度も奪われますがその度に奪回します
最期は太田資正に奪われた小田城を奪回すること叶わず小田氏は滅亡しますが
その不屈の闘志は賞賛に値します
領民にとっては頼りない領主でしょうが武将としてはとても魅力的だったりします

船橋市高根台の老舗の古書店にて上下巻セットで600円にて購入しました

拍手[18回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]