忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[276]  [275]  [274]  [273]  [272]  [271]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

saitoubettou.JPG斉藤別当実盛伝
奈良原春作
さきたま出版会刊
昭和57年5月 発行
価格1500円
236ページ


実盛公八百年忌を記念して刊行された書です
実盛さんは武蔵武士の中でも有名な方ですが異色な存在で頼朝に挙兵には加わらず平家に仕え続け篠原の合戦で討ち死にします
合戦に臨んで実盛さんは白髪を墨で黒く染めた話はよく知られていますね
源義賢さんの遺児・駒王丸(後の木曽義仲)を信濃に逃がしたのも実盛さんです
でも実盛さんの生涯となると全く知りませんでした
この書を読んでその出自、領内統治や一族郎党のこと、子供のことなど知りました
本書は純粋な史書というわけではありませんが妻沼に住む郷土史家である筆者が長年足で集めた情報と資料をもとに物語調でしたためたもので「物語風の史書」であります

以前、妻沼の図書館でこの本を読んだ際に欲しいと思いましたがこの手の本はなかなか手に入らないだろうと思っていました
それが先月、たまたま訪れた大型古書店・深谷店で売られており購入できました
値段も800円とお手頃で内容も良く大満足の逸品でありました

拍手[6回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]