忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[756]  [755]  [754]  [753]  [752]  [751]  [750]  [749]  [748]  [747]  [746

真田幸村と真田丸の真実

徳川家康が恐れた名将




渡邊大門

光文社新書

2015年10月 発行

価格800円

263ページ

NHK大河ドラマ『真田丸』の副読本として渡邊大門さんが執筆した本です
残念ながら私は真田丸という時代ドラマを見ていないので副読本にはなりませんが単純に本書の内容は楽しめました

どうしても真田という文字をみると胸がトキメクのであります^^
渡邊大門さんが書いたということもあって内容は確実に面白いと思っていました
古書店で550円で売られていました
来年以降にはもっと価格が下がるのでしょうね

幸村さんにまつわる様々な俗説の根拠や信憑性を検討したうえでその魅力を考えたいと筆者は書いています

俗説・・・私は真実よりも其方のほうが気になっていたりして
真田十勇士や抜け穴、昌幸が子に授けた秘策などなど多くのエピソードが伝わりますね
それも幸村さんの魅力の一つだと思います
真実を知ることは重要ですが俗説を頭ごなしに否定するのは無粋というものですwww

リアルな真田信繁を知って幻滅する人はいないでしょう
むしろ今の時代ではさらに好感がもたれるかもしれません

私は俗説を大切にしたうえで真実を知っておきたいと思っています
そんな私にピッタリの本の紹介でした

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]