忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[325]  [324]  [323]  [322]  [321]  [320]  [319]  [318]  [317]  [316]  [315
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

kanagawanoiseki.JPGかながわの遺跡めぐり
神奈川考古学会 編集
多摩川新聞社 
1999年8月 発行
価格 2000円
261ページ


私としては他県に比べ神奈川は城館を含めた史跡にあまり魅力を感じていません
湘南に住んでいた頃は県内の城館をまわったものですが現在では・・・・
何故かというと参考とするべき資料があまりないからだと思います
城館遺構の有無はあまり関係なくて私好みの資料があれば頻繁に訪れたりもするのですが・・・
それでも平塚市や秦野市に関しては好みの資料があって少なからず魅力を感じてもいますが・・・

本書は県内の遺跡の発掘調査の成果と史跡としての魅力を紹介するものです
収録される中世の遺跡は河村城(山北町)、小田原城、宮ケ瀬遺跡群、鎌倉の永福寺のみなんですね
でも河村城の項を立ち読みしていて「以外と詳しいし、面白いじゃない」ということで購入しました
もっとも値段は100円なので迷うこともありませんでしたが(笑)
清川村の宮ケ瀬遺跡群についての項も面白かったです
井上某、矢口氏の居館といわれる堀で囲まれた大規模な屋敷跡の発掘成果は参考になりました


興味のある項目は僅かでしたがこのような資料や本がたくさんあれば神奈川の城館も楽しめるのにな~
と感じさせる一冊でした

大型古書店・青梅店で購入




拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]