忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[612]  [611]  [610]  [609]  [608]  [607]  [606]  [605]  [604]  [603]  [602

桧原の村の小さな動物記




ひろ・ゆたか

歴史春秋社 制作

2004年6月 発行

価格 1000円

111ページ

先日訪れた福島県北塩原村の檜原湖周辺に伝わる動物記です

掲載されるエピソードはすべて実話とのことです

小さな動物記というタイトルからほのぼのした内容と思われるでしょう

しかし山深く積雪の多い場所で生活にまつわるリアルな話やクマや凶暴な猿について書かれたエピソードなどなど

まだ村に舗装道路がなく電気のみがある昭和の初期頃のお話でしょうか

アナグマの鍋や春先に喜多方で貰い受けた犬を冬場の食料として・・・

素手でクマを退治した話などなど

檜原湖周辺の風土や習慣を知るにはちょうど良い読み物でした

青梅市の大型古本屋にて100円で購入しました

この本を読んだおかげで檜原湖周辺を散策しているときクマの痕跡を見る度にドキドキしました(笑)

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]