忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[678]  [677]  [676]  [675]  [674]  [673]  [672]  [671]  [670]  [669]  [668

鎌倉幕府の転換期

吾妻鏡を読みなおす



永井晋

NHKブックス

2000年12月 発行

価格870円

220ページ


昨年、私が最も読んだ本を紹介します
「鎌倉幕府の転換期」永井晋さんの著書であります
何回読んだでしょう・・・覚えていません
この本をヒントに城館探訪というか鎌倉御家人の居館跡を何回もしました

下河辺庄に何度も足を運んだのはこの本の影響が大きいです
秀郷流故実、弓馬の達人であります
源頼政に仕え都で教養も身につけたであろうこの人物に惹かれました
下河辺氏は昨年一年常に頭の中にいました^^

そして以仁王についてです
今までは周囲に担がれた軟弱な皇子くらいにしか思っていませんでした
実はこの皇子はとんでもない大物になる可能性を秘めていたんですね
この人について初めて知ることが多くイメージがガラリと変わりましたね
南北朝期の護良親王並みの剛毅な人物ではないかと推察します

「吾妻鑑」を読みなおすとサブタイトルにもあるように以仁王の挙兵から宝治合戦まで
鎌倉幕府にとって重要な事件や事柄についての考察です
私は吾妻鏡を所有していてもちゃんと読んだことがないので書かれていることを全て受け入れたのち気になる点は自分で吾妻鏡を読んで考察したりもしました
だから私の場合「吾妻鏡を読みなおす」を読んで吾妻鑑を読みなおす^^
本当に勉強させていただきました
城館探訪を趣味としている私が鎌倉期の武士の居館跡、伝承地を探す歩く時間が以前より増えたのは永井晋さんの著書による影響が大きいのであります
そして、そのことをとても楽しんでいます

八王子駅近くの古書店にて500円で購入しました

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]