忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

kojyounofuukei.jpg古城の風景Ⅰ
宮城谷昌光
新潮文庫
平成20年4月 発行
定価552円
386ページ

中国系歴史小説の作家・宮城谷昌光さんが書かれた戦国三河の城館めぐりの紀行本であります
サブタイトル「菅沼の城 奥平の城 松平の城」に惹かれて購入しました
歴史作家の書いた紀行本というのはどちらかというと敬遠していました(司●さんの街●を●くとか)
「有名な史跡や城しか紹介しないというイメージ」なんですね
つまり私の好みにそぐわないのです

しかし、本書は違います
かなりマニアックです「菅沼の城 奥平の城」ですよ
新城市の野田館からはじまり新城城亀山城、田峯城など30以上の城館を掲載
ついでに一色氏発祥に地の一色城まで紹介されてます
奥平氏の城館紹介では奥平氏が上州から移住した経緯なども書かれていて参考になりました

とても読みやすいうえに城の歴史など詳しく解説されていてます
私はこの本を読んで新城市や旧・作手村に興味をもちました
面白いことに私が作手を訪れた時は物凄い豪雨でした
宮城谷さんが訪れたときも強い雨だったそうです
同じような天候で同じ場所を訪れたことで本書を読み返した際により一層楽しめました
本書のようなマニアックな紀行本がもっとたくさん出版されると嬉しいな~と思う1冊であります

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]