忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129
城本、歴史本を毎年何十冊も購入する管理人ですがそのほとんどが古書であります
ネットの古書店やオークションでも買うこともありますが基本は足で探します
やっぱり掘り出し物はまめに古書店、古本屋に通わないと見つかりません
ネットで高値で取引されている本も驚くほど格安で手に入ることも多々ありました

管理人のオススメは某大型古本屋チェーン店(Bo●k ●f●)であります
私は出先でこの古本屋を見かけたら必ず寄ります
郷土出版の書籍は人気がないのでしょうね
100円コーナーにもたくさんのお宝が眠っています
主な戦利品は「定本 佐久の城」1000円、「栃木の城」1000円、「埼玉の古城址」700円、「滝川一益と神流川合戦」100円「近江の城」300円と100円で購入して2冊所有

多摩地区を中心にチェーン展開している「ブックセンターい●う」もオススメです
多摩地域の特色は地方出身者が多く住まれているので自然と古書も郷土出版ものが多いことです
とくに九州と東北の古書が多いような気がします
私は城郭大系2500円~3500円で5冊購入しました
城郭全集は500円均一です(笑)
ネットでは数千円で売られている「箱根をめぐる古城30撰」は400円、350円で2冊購入しました

この他に個人経営の古書店も数多くまわります
行きつけの店は八王子市や町田市、飯能市、藤沢市など広範囲です
こちらは値段設定が高いです
しかし良い物が見つかります
市史や企画展パンフ、資料館で販売された冊子などの貴重な本を購入できることがあります

とにかく暇があれば古書店、古本屋へ
もちろん目ぼしい本がなくて手ぶらで帰宅することもありますが
店主と仲良くなると好みの本が入荷した際に取っといてくれたり、
古書の相場や地方出版社の情報を教えてくれたりと良い事がたくさんあります
こういったことも古書店めぐりの楽しみなのかもしれません

城めぐりを趣味とする管理人ではありますが城・歴史関連の書籍を集めることにも情熱を燃やしております
旅先で偶然見つけた古書店は入るときにどんな本と出合えるだろうとワクワクします

しかし、こうして集めた本も読みにくかったり内容が面白くない、訪れる予定のない地域などの理由で未読のまま本棚に眠っている本も多々あります(笑)

このブログではそんなコレクションの一部を紹介しております

拍手[5回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 8 9
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]