忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8

戦国の城を歩く





千田嘉博

筑摩書房

2003年4月 発行

価格 1200円

199ページ

城館探訪を趣味とする筆者です
この本はその基本的な事が丁寧に解説されていてとても参考になりました
何度読み直しても面白いです
帯に安土城から読む織田信長の天下統一を読むなんて書いてあるから敬遠しがちなんですけど^^

身近に存在した城を楽しむ、地形や縄張りや郭防御施設の見方など基本的な事が記されています
城館の歴史や戦国期の城について、そして織豊城郭までわかりやすく解説しています

城を始める人への入門書的な本だと思います
とはいえベテランとなった私も十分楽しめる内容です

10年ほど前に古書店で買いました 650円
表紙がきれいで帯も破けていない状態です
本当に熟読したの?と思うでしょう^^
大切に読んでいます
それと一気読みはできないので各章を少しづつ読んでいるんです^^

今後も何度も読める良著であります

拍手[3回]

PR

義経と平家の京都




武山峯久

創元社

2004年12月 発行

価格 1300円

205ページ

平安末期の京都、源家と平氏の史跡ガイドです
伝説の地、史跡めぐりに使えそうだと思い購入しました
Boo〇 O〇fにて200円^^

巻末に記される参考文献から資料としての使用は無理だと思っていましたが
内容はなかなか良いものでした
文章がというわけではなくて紹介する史跡が参考になります
この筆者はなかなかマニアックですね^^

堀川の源家の屋敷で使用されたと伝わる井戸
平安京での平氏一族の屋敷所在地がするされた図
六波羅での清盛はじめ一族の屋敷の所在地
他にもマニア心を擽るマイナー史跡がいくつも紹介されています

嬉しいですねこのような本が出版されていること
戦国や幕末はあってもなかなか源平物はないからな~
これも大河に合わせて出版されたものなんだけどね^^

このところ京の都が恋しくてwww
このようなガイド本を読み漁っては旅した気分になってます
そのうち機が熟せば行くことになるでしょう
もちろん源平&南北朝の史跡めぐりが中心になります
京都だけは城館は後回しですわ( ´艸`)

拍手[3回]

中世後期の赤松氏

~政治・史料・文化の視点から~





日本史史料研究会研究叢書4

渡邊大門

日本史史料研究会

2011年11月 発行

価格 不明

348ページ


難しいです、読めませんwww
赤松好きの私でも戦国期は苦手ですわ
数年前に日野市にあった大型古書店にて600円で購入したのです
読もうとして何回挫折したことか^^

この本を読むには播磨の地を踏まなければならないような気がします
そして別所氏についても勉強しなければ

一般向けではなく学術書なので私が読むには問題があるようですわ(^O^)

第1部第1章の加賀半国守護補任については読みました
これは興味があったんで頑張りました^^

赤松氏を研究している人にとってはたいへん参考になる書だと思います
私はその域に達していないのです
というかまだ入口付近なのかな^^

どうしても円心~満祐さんで終わっちゃうんですよ
赤松宗家ともいえる部分が滅んでしまいその後について興味が湧かないんでしょうね

そのうち読めるようになる日がくるでしょうか?

拍手[3回]

歴史研究 2015年12月号特集 
大阪城真田丸の謎






平成27年12月発行
価格 700円
124ページ



先日、歴史研究の編集者の方とお会いしまして頂いた品です
何冊かあったのですがたまたま手に取ったのがこれでしたのでコレを頂いてきました^^

真田丸関連の論考がたくさんのってますwww
それはさておいてこの号には私の知人の作家・夢酔藤山先生の寄稿が掲載されています
『大久保長安事件と里見氏』いつもの違う書き口で長安事件後の里見氏について鋭い考察を披露されています

それと特別寄稿として峰岸澄夫さんの名胡桃城についてが掲載されています

そのほかですが皆さん熱く真田氏に関して語っておられますね
参考になるような記事はありませんでしたが熱意は伝わりました
こういうマニア、研究者の寄稿が月一で発刊されるのは良いことですね

拍手[2回]

かくれた史跡100選~京滋の観光~




京都新聞社 編

昭和47年3月 発行

昭和52年2月 改訂版

価格 600円

294ページ


古い京都の史跡観光ブックであります
ずいぶん前に古書店で250円にて購入しました

京都はもう25年以上行っていないのですが上洛する気はあります
きっかけがなくて行けないので出張とか家の用事とかだと大手を振っていけるのですが^^
そして暇を見つけて史跡めぐり
そんな想定しかしていなくてwww

城館ではなく史跡めぐりの旅をしてみたいと思っています
だから本署は私にピッタリです
源家関連の場所、六波羅探題、牛若丸の伝承地、南北朝の合戦地、応仁の乱の関連地
名和長年討ち死にした場所などなど考えればきりがないほどいくらでも行きたい場所が思いつきます^^

かくれた史跡というタイトルから察することができますがマイナーな史跡が100選掲載されています
平安期から幕末まで
解説もしっかり書かれています
ただ地図がアバウトであります( ̄▽ ̄)

いつか大番役が回ってきた際に上洛のお供として持参するつもりであります

拍手[3回]

<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10
13 15 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]