忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9

木曽義仲

日本の武将6




下出積興

人物往来社

昭和41年3月 発行

価格 480円

267ページ

木曽義仲さんは好きな武将であります
しかし資料って持ってなかったんです
以前から適当な資料が欲しいな~と思っていたんです
ネットで検索してHITしたのがコレです^^
送料込みで357円でございます\(^o^)/

日本の武将シリーズは3冊目となります
佐竹義重シリーズ59が当りだったので期待していました

しかし・・・筆者によりバラツキがあるのですね^^
今回のは期待外れでした
義仲さんの生涯はしっかり解説されています
何を知りたいというのはなかったんですが新たな発見を求めていたので・・・
木曽時代のこと、横田河原の合戦までのことも知りたかったな~

とはいえダメじゃありません
期待が大きすぎただけですww
義仲さんを知るうえで自身の資料の中では最適であります

有名な人物である程度人気もあるはずなんですが研究書が少ないみたいですね
私から見ればメチャクチャ魅力ある人物なんでそのうち出版されることを期待しています

拍手[4回]

PR

信長軍の司令官

武将たちの出世競争




谷口克広

中公新書

2005年1月 発行

価格 780円

268ページ


谷口さんの信長シリーズです
この本は本当によく売れたんですね
どこの古本屋に行っても見かけましたね
おかげで安く購入することができました ¥100

信長軍の司令官、現代人が表現したものです
異論ありません、まさにその通りですね
信長さんの魅力の一つは有力武将に各方面の制圧を命じて天下取りを進めるところにあるのです
魅力的な武将が多いですね
子供の頃、信長の野望で夢中になってプレイしたものですww

司令官といえば柴田、羽柴が人気でしょうかね
私は関東方面の滝川一益さんに最も魅力を感じています
謎めいた出自、異例の出世、信長死後の転落人生
関東滞在は僅かな期間ですが東国武人の中に確かな足跡を残します
いろいろ美談が語り継がれていますね

本書では信長軍の成長期の司令官、天下統一を目指す各方面の司令官と軍団に属す部将の構成など記されています
情報量は少ないですがこのようにまとめられていると嬉しいです
調べ物や時間つぶしに最適なですわww

初めて名前を知る気になる人物が現れたりします

信長って本当に面白いな~と近頃思うようになりました
でも尾張、美濃に行く予定はないのです
城館に関してはあまり興味がなかったりしてww


拍手[3回]

乱世を駆け抜けた武士たち 

熊本歴史叢書3 中世



熊日出版

平成15年12月 発行

価格 1800円

327ページ

最近ネットで購入しました
送料込みで450円でした

熊本の中世武士の本です
いくつかの論考で構成されています
目次を見て直球ど真ん中~と思って買いましたが・・・

菊地一族の再検討 阿蘇品さん

伝説化した鎮西八郎為朝 関幸彦さん

東の武士団西の武士団 野口実さん

蒙古襲来と肥後

肥後の中世城

足利直冬の九州下向

戦国時代の肥後様相

阿蘇氏について


以上の論考が収録されています
菊地一族、源為朝、足利直冬、元寇という文字で期待がクライマックスでした
ただし関さんの為朝には不安がありました
野口さんと肥後も結びつきませんので不安がありました

不安は的中でしたww
為朝伝説についてが中心の関さんの論考
西の武士団について語られていないというか肥後に触れていない野口さんの論考ww

阿蘇品さんの菊地一族は読みごたえありましたね
肥後の中世城も堅志田城の解説なんかは面白かったです
訪れたことのある城が図面付きで語られていたのは嬉しかった~

ネットで本を買うのは難しいですね
本書は買ってよかったとは思いますが期待しすたせいか拍子抜けもありました

中世ならもっと菊池氏や土豪の話、小代氏なんかの話も知りたかったな~

まあ千本槍の考察や武光さん以後の菊地氏のお話だけでも満足といえばそうなんですけど^^

拍手[2回]

市川歴史探訪

下総国府の周辺



 


千野原靖方

崙書房

昭和60年6月 発行

価格1000円




国府のあった街『市川市』の歴史を紹介する本です
国府といっても正確に何処なのかわかって内容ですね
その周辺には国府と関わりのある歴史的な場所が多く本書では其方を中心にいろいろ書かれています

私は国府の存在をとても大切してていて各国の国府所在地や推定地、その周辺に設けられた役人の居館跡を訪れることを楽しみにしています
遺構が残されているなんて無理なことでそのほとんどが宅地となりますww
でも立地や古道との関連、周辺の寺院などからいろいろ考察するのが面白いんです

市川はずっと前から訪問予定地なんですが未だ訪れていません^^
正確に言うと15年ほど前に国府台は行ったんですけどね

国府の存在を意識しながら古戦場を城館を楽しめる貴重な場所として再訪したいんです

本書はそれらを楽しむために必要な事柄が記されています
簡単なイラストで略図も掲載されています

国分氏の館、富木常忍の館、太田乗明の館を訪れるのも楽しみになりました
市川城と国府台砦、どうなんでしょう?
現地を歩いてみて考察してみたいな~

近いうちに訪れたいと思います
市川市史の中世部分の複写と本書、そして雨月物語を持って行きます
国府台公園でじっくり読みながらノンビリと過ごしてみたいですわ

コレ話題の1円本です
送料は別です
総額で260円くらいですね
凄く得した気分ですけどどうなんでしょうwww

拍手[3回]

戦国の山城 山城の歴史と縄張りを徹底ガイド




歴史群像シリーズ

学研

全国山城サミット連絡協議会

平成19年 発行

価格 1500円

159ページ

今から10年くらい前ですかね書店で売られているのを衝動買いしました^^
当時はこういう本が好きだったんですねww

山城サミットに参加している自治体の城郭を図面、鳥瞰図や画像を使用して紹介しています
かなり偏りがあって滋賀県、静岡県はたくさん掲載されていますが他は・・・
サミットに参加していない自治体の山城は掲載されていないので仕方ないですかね

92箇所の山城が掲載されています

行ったことのない山城が多数掲載されていたこと、当時は滋賀県に興味があったのです
だから買ったのかな

今では見ることもなくなりましたww
でも最近ですね
なんとなく手にとって見たんです
ページをペラペラ捲ってみろと意外と楽しめました
レイアウトが見やすく迫力ある画像が多く目をひく山城が多くてww
大抵は中国、山陰、四国の山城なんですね
行くことないだろうな~と呟きながらも行くことを想像してみたりして
そういった点では夢のある本ですわ( ̄ー ̄)

たまにはこういう本を見るのもイイですね

拍手[2回]

<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]