忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9

烏山城




那須烏山市教育委員会事務局文化振興課

第3版

無料配布



先日訪れた那須烏山市の図書館いていただいてきた烏山城のパンフです
数年前に訪れただけでこの時は登りませんでした
帰宅後にこのパンフを見て再訪しなかったことを後悔しました^^

やっぱり良い城ですね
横堀が発達した城は面白いですね
那須氏の城館をいくつか見てまわったので改めて烏山城の遺構をチェックして
共通点を探してみたかった
近世に改修されたのがどのようになされたのかも確認したかったのです

パンフですが縄張り図と正保城絵図によって構造が解説されています
カラーだし豪華ですよ\(^o^)/
城主の年表や発掘された遺物、遺構も画像付きで解説しています

烏山城を訪れるならばGETしておきたいアイテムです
私は図書館で入手しましたが他でも配布されているのかな~^^

拍手[3回]

PR

角田歴史散歩






角田市教育委員会

平成26年6月

無料配布



昨年の夏に角田市を訪れた際に郷土資料館にてGETしてきました
角田城から移築されたといわれる表門や灯篭、石組などがある資料館で明治期に建築された
氏家邸を補修整備して資料館になっています

石川氏関連の展示も充実しています
資料館前の街並み風情があっていいですよ
史跡めぐりの起点としてオススメスポットです^^

その資料館で頂いた史跡ガイドですがこれが素晴らしい
情報量がスゴイ、37箇所の史跡を細かく詳しく解説しています
もちろん掲載される地図にも記されています

角田城の解説も参考になります

目黒氏、島田地区に住み着いた武蔵武士末裔について

東北型板碑といわれる佐藤兄弟の碑

吉野城などなど

寺院の紹介が多いですが板碑がいくつか紹介されています

中世城館探訪を趣味とする私にとっては物足りないものです
市内の史跡を楽しむのならばコレがあれば十分です

ちなみに市内の城館については角田市史/通史編が面白いと思います

拍手[3回]

那珂川町の文化財をたずねて





那珂川町教育委員会

平成21年3月 発行

無料配布



先日訪れた那珂川町の馬頭町郷土資料館で頂いた文化財MAPです
武茂城の麓にあることから立ち寄りました
資料館には武茂城の復元鳥瞰図も展示されています

図書館が休みで資料が収集できないのでせめて資料館で何かGETしたいと思ったですww

馬頭町史は高くて購入できないし他の頒布資料は興味がなかったので
「ご自由にお持ちください」と書かれたコチラを頂いてきましたww


神田城跡、武茂城跡、那須官衙遺跡、浄法寺館、戸田城、片平本城といった町内の城館が地図に掲載され一部は簡単な解説がされています

そして那須記の原本が那珂川町にはあるのです
実は町指定史跡なんですね
国とか県指定ではないんですねΣ(・□・;)

これは一般展示してないんだろうな~
現物、見てみたい(`艸´;)

観光ガイドも一緒にGETしてきたのでグルメや名所も丸わかりですわ\(^o^)/
次回、予定はありませんが行く際に役にだてます(`・ω・´)ゞ

那珂川町の史跡めぐりをしようと考えらいる方、コレがあると便利ですよ

拍手[2回]

見て学ぶ!地図で知る宇都宮の歴史その1



とびやま歴史体験館第23回企画展

宇都宮市教育委員会

平成29年2月 発行

価格 100円

14ページ



先日訪れたとびやま歴史体験館にて購入しました
宇都宮市の歴史を地図で見ると題された企画展のパンフです
旧石器時代から中世末期までを図説します
各時代の発掘された遺跡からその時代について解説
中世は城館の所在地と市内を通る古道について解説されています
古道については参考になりました
タツ街道の存在は現在気になっているので市内のどのあたりを通過していた
知ることができました

宇都宮市には多くの城館が存在しましたが図説の地形図でみるとその立地に納得です

宇都宮はウチから中途半端に遠くなかなか訪れることができないのですが
こういうの見ちゃうと頻繁に通いたくなりますわ
市内の城館もいくつも訪れていないし行くときはこのパンフを参考にしますわ(`・ω・´)ゞ

拍手[2回]

百人一首ゆかりの宇都宮頼綱とその時代





とびやま歴史体験館第19回企画展

宇都宮市教育委員会

平成26年9月 発行

価格 100円

14ページ




先日、久々に訪れた飛山城に併設するとびやま歴史体験館で購入してきました
栃木の城シリーズ10とされていますが鎌倉初期、宇都宮氏の重要人物である頼綱さんについての企画展が行われたようです

謀反の疑いで出家したことは知っていましたがその後の頼綱さんについて初めて知りました
京都で蓮生と称して法然さんに弟子になったり藤原定家に和歌の指導を仰いだりと文人として生活を送りました

御家人として幕府に仕え子や孫が重職につく基盤もつくりあげました

私にとっては魅力的な人物ではありませんが宇都宮氏を語るには欠かせない人物であります
なのでこのような形でその人生を知ることができたのは収穫であります(`・ω・´)ゞ

鎌倉期の宇都宮城について堀やかわらけが出土しています
一辺180m規模の方形館と考えられています

那須・神田城や長沼城の発掘で鎌倉期に繋がる成果も報告されています

拍手[3回]

<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]