忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9

讃 おくのほそ道

巻之四 みちのく旅日記





森田順

文秀堂 発行

価格 1000円

1994年3月


今週末から夏休みで恒例の東北遠征に行きます
そしてテンションを上げるために読んだのがこの本でございますww

私、城館探訪を趣味としています
旅のメイン目的は城館を見て歩くことです

でも年々苦しくなってきてね
城館資料読んで勉強してから行くのがww
そうじゃなくても縄張り図とか見ないのに

基本的に行ってから資料は読むもんだと思っています

だから行くために必要なテンションUPの起爆剤は紀行文とかになるんですね

テンション上げなくてもいいんじゃない?ヤル気満々そうだし
そうなんですけどヤッパリ盛り上がりたいんです
一年に一度のししん火山噴火ですからねwww

本書は古本屋にて500円で購入しました
『おくのほそみち』は岩波文庫版はじめ持っているんですがコレは画が気に入りまして購入です
岩手県奥州市の出版社が発行したものです
白河から鳥海山~酒田までの行程が描かれています
巻之四、実は全巻で売ってましたが欲しかったのはこれだけなんでおきて破りの最終巻買いww

この本のおかげでテンションが上がりまくってますww
行きたい場所も見つかったのね
でも思いっきり行程から外れるんだよね

なので帰京する際、旅の最後に芭蕉さんの訪れたある場所で終わりたいです
それまでテンションを維持できるかが問題なのだがww
通常3泊4日なら2日目夜で萎えはじめるのでww

拍手[2回]

PR

近江歴史探訪






滋賀県教育委員会 編

サンライズ出版

2006年10月 発行

価格 1800円


10年以上前に購入した滋賀県本です
興味が薄れてきた西国の城郭本をなんで紹介するのか?
実は月末から9日間の夏休みで遠征を考えていたからです
どの程度真剣に考えていたかというと・・・www
候補地としてこの本読んでテンションが上がるかという意味合いで読んでたんです
結局は他の場所へ行くことになりそうなのでヤッパリ魅力薄なのかな^^

そんなことはないんですけど
琵琶湖と周辺の城館めぐりはかなり魅力的なんです
湖沼沿いに所在した城館めぐりは私のライフワークですから
2度ほど訪れたことがあって膳所城、大津城、長浜城、小谷城など有名どころは行ってるんですよ
資料も本書意外に少し持っているし行く気はあるんです
今回は他所で行きたい場所があったんです

本書は広大な滋賀県に存在した多くの城の一部です
全てを紹介するわけではありませんが歴史的にも重要な場所を18に分けてコース別に紹介しています
過去にこの本を持って湖東地区の城を訪れましたが参考になりました
縄張り図の他にルートまで記されていて参考になりました
1800円という価格でこの情報量は魅力的です
滋賀県の城館に興味ある方は是非入手しておきたい1冊です
城の解説だけでなく周辺で行われた合戦と城の関係についてなんかも解説していて参考になります

この本見ちゃうと山城も登りたくなりますわ
夏場ということでいくつも登れないだろうと思っているのでどうしても魅力が1~2段落ちちゃいます
あっこれは個人的な考えね
春先や12月頭頃に連休があれば行く可能性が高くなりそうです

いずれにせよ私にとっては重要な本で年に1~2度は必ず読むものです
数年内にこの本持って近江に足を運ぶことになるような気がします( ̄▽ ̄)
そして数は稼げなそうですが充実した探訪が出来そうな予感がします

良い本ですわ◎

拍手[2回]

博物館ガイド

東京都多摩・島しょ地域自治体


 


公益財団法人 東京市町村自治調査会

平成26年 3月 発行

無料配布

62ページ


先日、役所の出張所に用事があり出向いた際に入手してきました
普通にご自由にどうぞのパンフコーナーに置いてありましたww

えっと多摩地区&島しょ地域にある資料館と博物館の簡単なガイドです
簡単なガイドといっても持っていると便利です
アクセスや駐車場の有無、入場料、開館日といった基本的情報以外にもいろいろ役立ちそうな情報が掲載されています

各博物館の見どころとイチオシ資料が掲載されています
これで何となくココは近世の展示物に力を入れているとか
中世の展示も期待できるかな?
なんて判断基準になったりします

ああ・・・多摩地区の博物館、資料館は中世が充実している場所はごく僅かですわww

拍手[1回]

佐竹氏物語






渡部景一

無明舎出版

1980年7月 初版

1999年5月 6版

価格 2000円

287ページ



以前からこの本の存在は知っていましたが内容がわからないので購入を敬遠していました(ネット)
佐竹氏を扱った書籍は意外と少なく貴重だと思っていましたが秋田県の出版社が版元であることから近世の佐竹氏がメインに書かれているんだろうな~と想像していました

先日、久しぶりにブックオフに行ったら売られてましたΣ(・□・;)
内容は予想に反して中世佐竹氏であります
ルーツから秋田転封、江戸初期の佐竹氏について書かれています(^O^)
値段を見たら510円となってます
購入決定\(^o^)/

今週、通勤時間に読みました
なぜなら近いうちに常陸へ行こうと思ってまして( ̄ー ̄)
参考になりますね
資料的にも問題ありません
読み物としてもGOOD

戦国期、義重さん、義宣さんに多くのページを割いて解説
平安末期の初期佐竹氏についてもイケます^^
南北朝期~室町期の佐竹氏もOK

秋田転封直後の佐竹氏についてコレがかなり面白かった
家臣の配置、領内各城の城主について
そして久保田城築城の経緯などなど

面白かったです

拍手[4回]

木曽義仲

日本の武将6




下出積興

人物往来社

昭和41年3月 発行

価格 480円

267ページ

木曽義仲さんは好きな武将であります
しかし資料って持ってなかったんです
以前から適当な資料が欲しいな~と思っていたんです
ネットで検索してHITしたのがコレです^^
送料込みで357円でございます\(^o^)/

日本の武将シリーズは3冊目となります
佐竹義重シリーズ59が当りだったので期待していました

しかし・・・筆者によりバラツキがあるのですね^^
今回のは期待外れでした
義仲さんの生涯はしっかり解説されています
何を知りたいというのはなかったんですが新たな発見を求めていたので・・・
木曽時代のこと、横田河原の合戦までのことも知りたかったな~

とはいえダメじゃありません
期待が大きすぎただけですww
義仲さんを知るうえで自身の資料の中では最適であります

有名な人物である程度人気もあるはずなんですが研究書が少ないみたいですね
私から見ればメチャクチャ魅力ある人物なんでそのうち出版されることを期待しています

拍手[4回]

<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]