忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[598]  [597]  [596]  [595]  [594]  [593]  [592]  [591]  [590]  [589]  [588

中世のみちと都市

日本史リブレット25



藤原良章 著

山川出版社

2005年9月 発行

800円

107ページ

ここ数年、城館探訪をするうえで私が気にしているキーワードは中世の道であります
中世の道筋から城館の位置を考えたり所在地を確認したりしています
実際に古道を歩いたり車で通ったりもしています
ずいぶん前に購入したまま放置していた本書ですが近頃ようやく役にたちはじめました(笑)
本書に掲載される例として神奈川県秦野市から平塚市に抜ける古道を中心に城館跡を訪れてみました
古道といっても現在は普通の大通りです
でも目を凝らして観察してみると何気ない曲線(カーブ)や寺院所在地から道の存在を感じることができました
古道を意識した城館の配置も確認できました
城館についての史料や伝承が少ない地域でしたが古道と一緒に見て歩くことで充実した時間を過ごせました

もともとは背表紙に掲載される清流に架かる板橋の写真が気になって購入したんです
岩手県陸前高田市の気仙川に架かる橋なんですが一枚の板を何枚も継ぎ足して架けた橋で人ひとりがようやく渡れる程度の粗末なものですがとてもに気にかかりました
絵巻物に描かれた橋そのままの形に魅せられたんですね
いつか訪れたいと思っていましたが現在もあるのでしょうか

各地に残る板橋、二枚橋、三枚橋などの地名についても理解できました

いろいろと参考になった本であります
日野市旭が丘にあった大型古本屋にて300円で購入

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
参考になりました~
今宵はこちらに失礼します。
私も大きな道を車で走っていて脇道を見つけては昔の道かな?などと妄想を膨らませています(汗)
記事大変参考になりました、ありがとうございます。
私の物欲リストにも登録しました(汗)

後ほど別便を送りますので、お手透きの時にご覧下さい~(謝)
みかづきぼり URL 2015/03/08(Sun)20:36:39 編集
Re:参考になりました~
こんばんは、みかづきほりサン
この間お会いして自分がしていることとよく似た手法で城館を訪れていることを知ってとても共感しましたよ
古道は中世城館、中世を知るには必要不可欠なもものだとあらためて思いました
【2015/03/09 21:01】
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]