忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[705]  [704]  [703]  [702]  [701]  [700]  [699]  [698]  [697]  [696]  [695
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

境界争いと戦国諜報戦



盛本昌弘

洋泉社歴史新書

2014年3月 発行

価格 940円

238ページ



戦国物です^^
私は城館探訪を趣味として各地の城館跡を見て歩いていますが勢力の境目、
とくに戦国大名の争いの最前線は意識して訪れるようにしています
やっぱり勢力の境目の城は緊張感のある造りなんですね(そう感じる^^)
立地も構造も歴史も面白いんです
先日、訪れた静岡県の富士宮市なんかもそうなんですね

さて境目とは国境だけでなく大河川を境とする場合、山の尾根を境とする場合などいろいろありますね
本書は大河川を境とした争いを中心に様々な面から考察を加え戦国期の実像に迫る内容となっています

私的には利根川、相模川、阿武隈川を境とした争いを実例にいろいろ考察されているのが勉強になりました
富山県の神通川なども訪れたことがありなじみのある地についてのことばかりでよく読みましたこの本^^
ブック〇フで450円で買いました

新地ということばについての考察はとても参考になりました
城館探訪をするうえで重要なキーワードになりましたね

諜報戦について忍についてのお話も面白かったです

何回読んだかな~
とにかく面白かったです
個人的にはタイトルがあまり好きではないのですが中身とは関係ないですね^^

今も時折読み直してます
結果、付箋だらけです^^

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]