忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[709]  [708]  [707]  [706]  [705]  [704]  [703]  [702]  [701]  [700]  [699

今川義元


小和田哲男

ミネルヴァ書房

2004年9月 発行

価格 2400円

273ページ

小和田大先生の著書、今川義元であります
サブタイトルは『自分の力量を以て国の法度を申付く」であります
2014年の年初に花倉城を訪れて以来、駿河今川氏に関して興味を持つようになりました
当時は静岡県史、富士市史や戦国期研究の論考などを中心に読んでいましたがどうしても足りない部分があり途中で勉強を中断していたんです
昨年の冬、秦野市のブック〇フに立ち寄ったら打っていたのがコレです^^
足りない部分、今川義元の家督相続に関する考察が開設されていたので迷わず買いました900円
結構夢中で読みましたね
氏輝、彦五郎の同日死について、花蔵の乱での義元の実母・寿桂尼の敵・玄広恵探への同心について
この2点の考察には違和感を感じていました^^
もちろん桶狭間の戦いに関してはさらに違和感がありますが( ̄▽ ̄)
小和田さんは寿桂尼さんに思い入れがあるらしく主観的解説になりがちです

しかし金山について、領国経営の実態については勉強になりまりました

先日、図書館で有光友學さんの今川義元(吉川弘文館人物叢書)を借りてきて読んだのです
こちらのほうが私にはしっくりきました
氏輝、彦五郎の同日死~義元の家督相続への流れはこの方の考察野のほうが理解できます
こちらが欲しくなり購入しようと思いましたが古書の価格が高いですね
この内容ですからなっとくですわ^^
桶狭間に関してもサラッと書いてますね
さすが今川研究一筋というだけあって中身が濃いです

小和田さんの本の紹介でした^^
著書全般にいえることですが読みやすいです
幅広い層に読まれるように工夫しているのでしょう

今川義元を知るうえで是非欲しい2冊です
アレ、小和田さんの本の紹介のはずが(笑)

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]