忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[553]  [552]  [551]  [550]  [549]  [548]  [547]  [546]  [545]  [544]  [543

越前記




水上勉 著

中公文庫

昭和53年10月 発行

価格 320円

水上勉さんがこのような紀行文を書いていたとは知りませんでした
有名な作家さんなので学生の頃に1冊だけ著書を読もうと思ったことがありました
でも内容が難しくて途中で断念しました
その先入観もあってなかなか読む気になれなくて・・・
ではどうして購入したのか?
それはタイトルにが気になって手に取り、目次で越前の戦国紀行文と義貞記と題した歴史物語が気になったからです

ここ数日、就寝前に読んでいましたが面白かったです
クセもなく読みやすいです
さすが大作家といったところでしょうか

朝倉氏関連の史跡をめぐる戦国紀行はとても楽しく読ませていただきました
行ってみたいと素直に思いましたね
なかでも朝倉敏景、義景の愛妾・小少将、一乗谷城、黒丸城、斯波高経、真柄十郎左衛門に強く興味をもちました

新田氏関連の城館も行ってみたいですね金ヶ崎城や藤島城、杣山城などなど
義貞終焉の地である藤島

朝倉氏終焉の地である一乗谷

柴田勝家終焉の地である北ノ庄

結城秀康が失意の晩年を過ごしたと思われる福井城

越前、福井行きたいな~
美味しいものもたくさんありそうだし
この先、この本を見る度にそう思うのでしょうね(笑)
所沢市の古本屋にて180円で購入です

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 21 22
24 25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]