忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[382]  [381]  [380]  [379]  [378]  [377]  [376]  [375]  [374]  [373]  [372
fujiwarabunnka.JPG平泉藤原時代(上)(中)
~その文化と人々~
小池平和 著
耕風社
1996年10月(上)
1996年11月(中)
価格 各1700円
上巻256ページ
中巻300ページ


数年前に平泉を訪れた際に一関に宿をとりました
暇つぶしに市内を車で散策していて見つけた大型古書店の一関店で購入した本です(各900円)
そのときは平泉の史跡を見てまわったばかりで気分が高揚していたので勢いで本書を購入しました
宿に戻りよ~く考えてみると藤原関連の本はたくさん持っているしこの時の旅でも何冊か購入したじゃないかと反省
翌日、栗原市の古書店で栗駒町の中世本(4000円)が予算オーバーで買えませんでした(笑)
正確には本を買い過ぎと妻に窘められました『昨日の本を買わなければこれ買っても良かったけど』 私・・・
別にこの本が悪いわけではありませんがそんな理由で読む気にならなくてしばらく書棚に眠らせていました
それにもう一つ理由があって実は下巻がないのです
古本屋で買ったのだから仕方ありませんが下巻は藤原秀衡さん義経さん、照井太郎さんについて解説されているのです
巻末の続刊紹介欄をみてガッカリ・・・

上巻は古代東北の戦乱、前九年の役、後三年の役、秀郷流の藤原氏そして藤原清衡さんについて解説されています
後にしっかり読んだのですが資料として役だたせていただきました

中巻は当然ながら藤原基衡さん中心に書かれていて毛越寺、中尊寺金色堂について、清衡さんの後継争いについてな
こちらもかなり参考になりましたそしてかなりの情報量です

こうなると下巻も欲しくなりますがおそらく入手は無理でしょうね

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]