忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[711]  [710]  [709]  [708]  [707]  [706]  [705]  [704]  [703]  [702]  [701
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

源頼朝




永原慶二

岩波新書(特装版)

1995年4月 発行

価格 1600円

211ページ


最も人気のない歴史上人物の上位と思われる人物の一人、源頼朝さんであります
私も嫌いな人物の一人でありましたがここ数年のことですが見直しています
いろんな資料を読んでいてこの人の凄さがわかるようになりました
直接的にも間接的にも理解できてきました

義経に対する仕打ちにはガッカリという人も多いでしょう
でもそうまでしなければならない理由があったのです
むしろ義経さんに非があるように思えてきました

本書もたまたま108円で入手したことで読んでみてなるほどと思いました
一つの物事に対する表面ではなく裏までわかるようになってきたので楽しく読めました
もっとも近年の研究成果を読んでいるから楽しめるのでしょうが^^

恩義と恨みを決して忘れない人物ですね
比企尼、寒川尼など恩人に対しての対応、長田氏に対する恨みなどなど
乳母子を大切にし、兄弟にも愛情をもって接していますが厳しくもあります
それは人の上にたつ人間として求められることですね

昔ならば普通の頼朝本という評価なんですがこの時代、頼朝をとりまく人間に対して勉強したことで本書の素晴らしさもわかりました^^

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]