忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[686]  [685]  [684]  [683]  [682]  [681]  [680]  [679]  [678]  [677]  [676

葛西城とその周辺

地域の歴史を求めて



葛飾区郷土と天文の博物館 編集

たけしま出版

2001年5月

価格1500円

255ページ

昨年末、ネットで購入した本です
私は今年の城館探訪というか研究のテーマを葛西氏(東国)にしたのですが本書を読んだ影響が強いです
もともと大河川下流あたる葛西城や葛西氏の領地は低湿地帯という私がここ数年研究している事なので遅かれ早かれ行くことは決まっていたんです
本書を読んで葛西城とその周辺の歴史に興味が高まりました
葛西城・・・遺構なんて残ってないだろうけどそこには濃密な歴史が土の下に埋まっているんですよ^^
葛西氏というより管領上杉氏、古河公方、後北条氏など戦国期の歴史が中心となります
でも葛西氏時代の館、千葉氏時代の葛西城、大石氏時代の葛西城、幕府の御殿となった場所でもあるんです
それぞれ中心となる場所が異なるようです
夏頃に地表面上は何ないただの市街地を本書を片手に妄想を膨らせつつまったり徘徊したいと思います^^

発掘されて葛西城について、中川、太日川、入間川の流路、管領上杉氏と葛西城
後北条氏と葛西城、葛西地域の特徴などなど読みごたえあります
入手後すぐに読んで付箋だらけですわ

97円送料別で購入っす^^

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]