忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[688]  [687]  [686]  [685]  [684]  [683]  [682]  [681]  [680]  [679]  [678

前九年後三年合戦

11世紀の城と館


 

入間田宜夫・坂井秀弥 編

横手市監修

高志書院

2011年12月 発行

価格 2500円

245ページ


タイトルは前九年・後三年合戦となっていますが清原氏を中心に安倍氏、源氏との関係や時代背景についていろいろ書かれています
清原氏の研究成果が盛りだくさんであります
情報満載、付箋だらけであります
つい最近入手したばかりなんですけど通勤帰宅の電車内、就寝前、トイレ、風呂、休憩時間などなど暇さえあれば読んでます
すでに2回読んで3回目に突入~( ̄▽ ̄)

すでに世間一般にも知られるようになったこの時代の城館について大鳥井柵や会津の陣ヶ峰、岩手の川崎の柵などについても後半詳しく解説されています
東北には上記のほかにも驚くほどの縄張りをもった城があったんですね
考古学ってすごいな~^^

11世紀の城館について勉強するつもりで買った本ですが清原氏について知ることが多く楽しく読ませていただいております

ネットで600円送料込みで購入したんです
5000円以上の値段がついているのが普通みたいですけど
たまたま格安で手に入れることができました\(^o^)/

とにかく面白くて楽しくて今日もこれから読みながら寝ます^^

実はこの後、12世紀ころの城館についての本を買ってあるんです
越後と会津、奥州の城館についての本です
やっぱり高志書院さんの出版物です
城館研究に関しては当分の間は平安末期から抜け出せそうにありません^^

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 8 9
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]