忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[577]  [576]  [575]  [574]  [573]  [572]  [571]  [570]  [569]  [568]  [567
ここ数年、福島県に行く機会が増えた関係で郷土史は充実しています
私が利用した図書館で資料が充実していたのは郡山市、白河市、会津若松市でした
『図説福島市史』『会津若松市史3巻、11巻、12巻、21巻』『玉川村史追録』を所有しています

白河市史 1巻通史編・4巻資料編
 通史編では白川氏と城館について、資料編では23箇所の城館を解説しています
 地図、図面あり

東村史 上巻
 旧・村内の城館11箇所を解説していますが図面なし

大信村史 2巻資料編
 旧村内の城館6箇所を図面付で解説

中島村史 (全)
 滑津館、袴館について図面付で解説

西郷村史 (全)
 村内8箇所の城館を解説しています図面なし

棚倉町史 別巻3
 東白川郡沿革私考を所有しています
 郡内に所在した城館の記述多数あり、一部で古図面もあり
 

古殿町史 (全)
 町内の中世について解説竹貫城、竹貫古城、田口城、新舘、横川館について解説あり

須賀川市史 中世編
 文字通り市の中世について解説した1冊で城館については個別の解説は少ないが略図は豊富

長沼町史 2巻資料編
 旧町内の城館8箇所を図面付で解説しています

天栄村史 2巻資料編
 村内に所在した城館31箇所中24箇所について解説一部で略図あり

矢吹町史 1巻通史編
 町内17個所の城館を解説しています袖ヶ城、タカナシ館については図面あり

鏡石町史 1巻通史編
 町内に所在した12個所の城館のうち4箇所を実測図付きで解説しています

都路村史 (全)
 岩石沢城と岩井沢氏、赤石沢氏について解説しています

本宮町史 4巻資料編
 市内の城館15箇所と郡山市の高玉。安子ヶ島、高倉、前田沢城を図面付で解説しています
 『図説本宮の歴史』中世の項目においても本宮氏、城館について解説

二本松市史 1巻
 市内に所在した70箇所の城館の分布図と一覧表あり
 二本松城や高小屋館など一部の城館については解説あり

岩代町史 2巻資料編
 積達館基考四、五 合わせて28箇所収録

桑折町史 1巻
 桑折西山城、伊達崎城についての図面付で解説
 その他の城館については周辺領主とその館として解説しています

いわき市
 いわき市については市史は所有していません
 『福島県の歴史地理研究』鈴木貞夫/いわき地域学会出版部 発行
 市内中北部の城館30箇所を図面付で解説しています

相馬市史 1巻通史編
 市内8箇所の城館と小高城について解説しています

喜多方市史 4巻資料編
 旧市内の城館30箇所を図面付で解説、40箇所を一覧表で簡単な解説

塩川町史 通史編、資料編
 旧町内の城館30箇所以上をを図面付で解説
 通史編では町内に限らず周辺の中世と城についての解説あり

猪苗代町史 歴史編
 町内の城館32箇所を解説しています図面なし

北塩原村史 資料編
 旧村内の城館7箇所を図面付で解説

湯川町史 一巻
 村内9箇所の城館についての記述あり

会津若松市史 2巻
 平安末期~鎌倉期の会津についての解説

河東町史 上巻
 旧・町内5箇所の城館について解説しています

会津坂下町史 歴史編
 金上氏、栗村氏とその居館についての解説

会津高田町史 通史編、資料編
 資料編では旧町内46箇所の城館を図面付で解説
 通史編では町内の中世について解説

山都町史 1巻
 町内の城館一覧表あり10箇所

会津田島町史 通史編
 旧町内の城館6箇所と南会津郡の代表的な城館8箇所を図面付で解説

下郷町史 1巻
 中妻館について解説、町内6箇所の城館についての記述あり

伊南村史 通史編
 旧村内の城館30箇所を図面付で解説

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 8 9
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]