忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[518]  [517]  [516]  [515]  [514]  [513]  [512]  [511]  [510]  [509]  [508

古墳時代(2)

房総考古学ライブラリー6



(財)千葉県文化財センター

平成4年10月 発行

価格 不明

396ページ

先日、青梅市の本屋さんに増設された古本コーナーにて購入しました
108円でした
古墳に関して私は全くの素人ですが行く先々で見かけますので多少は興味がります
房総に限らず古墳の所在地に城館が構えられることは珍しくないので少なからず役に立つと思い購入したんです

千葉県の城館を見て歩く機会が増えましたが城跡や周辺に古墳があることが多々あります
これは地形的制限から原始時代から中世まで人の生活する場所が限られていたからです
だから城跡を歩いていると土器の破片なんてゴロゴロ落ちているわけです

古墳の構造や発掘された土器、埴輪には興味ありませんが古墳や遺跡の所在地と地形に興味がありそのことを本書では地形図付きでしっかり解説してくれているんです
印旛沼周辺や小見川、芝山、椿海跡周辺、手賀沼周辺などなど
城館探訪に直接役立ちませんがその土地の地形や成り立ちを知るうえで参考になるはずです
古墳マニアの方々にいわせれば贅沢な利用法となるのでしょうね(笑)

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 8 9
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]