忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[520]  [519]  [518]  [517]  [516]  [515]  [514]  [513]  [512]  [511]  [510

日本のアイヌ語地名

~東北から沖縄まで~




大友幸男

三一新書

1997年10月 発行

価格 900円

275ページ


今週はたくさん休みがあったのですが雨で出かけることができなかったので久々にアイヌ語地名のお勉強をしてみました
※夏休みに東北遠征を計画しているので

私にとって深く所縁のある東北のとある地は昆内という地名で子供の頃からその由来が解らず不思議に思っていました
これがアイヌ語地名だとわかったのが数年前でした
確か『鍋の縁のように曲がった沢』とかそんな意味でした
同時に達居森、猿飛来、品井沼、高幌、不来内など馴染みある地名もアイヌ語地名だと知りました

以来アイヌ語地名に興味をもつようになりました
そして古本屋で見つけたのが本書であります
関東から沖縄までの地名もアイヌ語にあてはめて解説されているのですがソチラに関しては何ともいえませんが東北のアイヌ語地名とアイヌ語の入門編はハードに読みました
アイヌ語地名について多少知識があると東北の旅が楽しくなると思ったからです

ずいぶん前に筆者の著書『史料解読奥羽南北朝史』という書を読んで名前は覚えていたのですがまさかアイヌ語地名の研究までしているとは思いませんでしたよ
どちらも難しい内容の書でしたが読みやすかったです

瑞穂町の古本屋にて300円で購入

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]