忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[466]  [465]  [464]  [463]  [462]  [461]  [460]  [459]  [458]  [457]  [456
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

陰徳太平記

原本現代訳(15)




香川正矩 原著

松田修・下房俊一 訳

教育社新書

1980年3月 第1刷

価格 1000円・700円

古本屋・古書店漁りをはじめて10数年になりますが今回紹介するケースは頻繁にあります(笑)

陰徳太平記・教育社版の下巻をはじめて入手したのが数年前です
いつものように年数をかけて集めればいいや~的な考えで購入しました
福生市の古本屋にて500円
有名な書なので容易に入手できるだろうと思っていましたがこれがなかなか見つからないのですね
ネットを通じて探せば購入できますがそれでは古本屋めぐりの醍醐味が薄れてしまいます
ここは待つしかないのだと自分に言い聞かせながら本書の気になる部分だけ読んでいました

そして先日、八王子市の古書店で再び下巻にめぐり合いました(笑)
100円で販売されていたので思わず買っちゃいました(笑)
上巻、中巻は見つかりませんね~
セットならば1度だけ尾駅近くの古本屋で見つけたのですが2000円という価格でしたのでパスしました
でも同じように同社で出版されている『太閤記』『信長公記』『甲陽軍鑑』『合武三島流船戦要法』はバラで購入して揃えましたので陰徳太平記も何とかなるでしょう(笑)
正直言うと内容はあまり気にしていないのです(笑)
マニア魂と古本屋漁りマイスターとしての意地であります(笑)

ブログでもいくつか紹介していますが何故か私は『雲陽軍実記』はじめ大内、尼子、毛利関連の書はたくさん所有しているので本書は全巻揃ったら真剣に読みはじめたいと思っています

ちなみに下巻ですが元就さんの死、尼子氏再興からはじまり朝鮮の役で終わります


拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]