忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[499]  [498]  [497]  [496]  [495]  [494]  [493]  [492]  [491]  [490]  [489
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

奥羽戦乱と東国源氏

義家とその弟たちの系譜


奥富敬之

三一書房

1998年2月 発行

850円

226ページ


清和源氏の全家系シリーズの第2弾にあたる本書は三一書房にて刊行された新書版となります
とくにコレクションしているわけでもなく中身は違わないので新書版を購入しました
大型古本チェーン店にて450円で購入

本書はタイトルの通り源義家さんとその弟たちの系譜について解説されています
義家さんについては他の書の解説が勝っているのであまり読んでいません(笑)
弟の義光さんについてが面白かったです
本書を読むまで私は義光さんは兄思いの良い弟というイメージがありました
(後三年の役でのエピソードしか知らなかった)
しかし、義光さんは意外と腹黒い人だったのですね
はっきりいうとワルであります(笑)
『残忍酷薄の心なくもの』と称されています
野心家でキレものだったんですね
確かに義光さんの系統とは清和源氏でももっとも繁栄していることからも彼がただ者ではないことがわかりますね
子孫にもその血が受け継がれたのでしょうね

残念なのは本書で甲斐源氏についての記述が少なくて不満足なんです
全国各地に拡がった一族を網羅するのは困難なことなんでしょう
安芸や若狭、上総の武田氏や南部氏についてもう少し解説されていると嬉しかったんですが・・・
小笠原氏、三好氏、佐竹氏などもこの系統なのでまとめるのが大変なのでしょう
これだけでシリーズ何冊にもなっちゃいそうですもんね
などと文句を書き連ねているものの本書は私の大切なコレクションであります

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]