忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
simotukenodourann.JPG下野の動乱
悲運の戦国武将たち
大森隆司 著
下野新聞社 発行
1983年11月 第三版
価格 2060円
533ページ


10代から20代にかけて戦国物の小説をたくさん読んだものですが最近は読むどころか購入することもなくなりました
本書は戦国物の小説ではありますが下野の戦国時代を題材としたもので少なからず興味があったので購入しました
(立川市の古本屋にて850円で購入)
とはいうもののなかなか読む気にならず長期間放置状態でした
読みはじめるきっかけは壬生町、鹿沼市の城館を訪れたことです
下野の戦国時代に強く興味を持ったからです
本書は2部構成で第1部では戦国初期、壬生氏を中心に宇都宮氏、那須氏の争乱が書かれています
第2部では衰退する壬生氏にかわり皆川氏の活躍中心に書かれています
全編を通じて筆者の下野の戦国武将に対する愛情が伝わる作品で壬生綱房、宇都宮成綱、忠綱、大田原資清、皆川俊宗、広照らの活躍が心地よく感じました
ただ作中には諸葛亮孔明を意識した大軍師が数人登場するのですがこれには違和感を感じましたが面白く読ませていただきました
結構長いストーリーでしたが一気読みでした(笑)

拍手[2回]

PR
siobaranorekisi.JPG塩原の里物語
塩原温泉郷土史研究会
随想社
2006年8月 発行
価格 952円
135ページ


昨年、那須を訪れた際に大型古書店の大田原店で550円にて購入した本です
塩原といって思いつくのは温泉ですね
本のタイトルから温泉にちなんだものだろうとは思ったものの手に取ってページをめくってみます
そしたら中世の歴史がメインで町内の城館についても一部で略図付きで紹介されています
塩原氏、長沼氏、君島氏町内での合戦についても紹介してます
その場でしばらく真剣に読みいってしました
塩原は過去に一度だけ通り過ぎたことがあるだけで土地勘もありませんがこの本があれば町内の城館をまわることができると考えて購入しました

●塩原城
●挟間城
●離れ室城
●真木城
●田野城


塩原城については詳しく紹介されています
見取り図も初期の想像図、改修後の図まで収録


いつになるかは未定ですが塩原町の城館めぐりこと楽しみです
きっと温泉には入らないのだろうな~温泉嫌いなもので(笑)

拍手[2回]

nasutosirakawa.JPG那須と白河
~接園の地、東山道、そして関~
なす風土記の丘資料館
2011年9月 発行
価格 たぶん600円
129ページ


9月に那須町を訪れた際の『道の駅伊王野』にて購入しました
あまり気が乗らなかったのですが事務員さんに「これは面白いよ~♪」と薦められたのでついつい購入しました
先に紹介した『いにしえのみち東山道』と一緒で1000円でした(割引あり)
安かったので興味がないわけでもないしということで買ったんですね(笑)

古代、関東から陸奥へ向かう東山道の話で那須から白河の関までの遺跡や那須郡と白河郡の成立、地理的環境などなかなか面白い読み物です(気になる項目を拾い読み)
実はまだ読んでいる途中だったりして(笑)
再び読むまで時間がかかりそうなので先に紹介してしまいます(笑)
今回、はじめて白河から那須まで車で走りましたがなかなか風情があり良い土地柄でした
古来より多くの武人が行き来し、文人が旅した道筋ということもあるのでしょう
きっとまたこの道を通ることになるでしょう
その際に本書をじっくり読んでみようと思います


本書はなす風土記の丘資料館で行われた企画展の資料です

拍手[1回]

inisienomiti.JPGいにしえの道 東山道
那須町史資料第5号
那須町教育委員会
平成19年6月 発行
価格500円
35ページ


道の駅・東山道伊王野を訪れた際に購入しました
表紙ですが目を引くのは「見本500円」 道の駅東山伊王野のスタンプですが実はわけありで・・・
別に盗んできたわけじゃ~ないよ(笑)
品切れだったんです
でもどうしても欲しい~、決めの言葉「東京から来たんです」と店員のおじ様におねだりするとあっさりとOK(嬉)
おまけに値引きまでしてくれたんです
太っ腹です(感謝)

表紙の鳥瞰図は伊王野城であります
この絵を見た瞬間に購入を決意しました
内容も私好みでした
3部構成で1.伊王野の地誌 2.伊王野資長について 3.東山道沿いの義経伝説となっております

なかでも地誌は参考になりました
備中郭、稲沢氏館、鮎瀬氏館収録される地図をもとに訪れました
沼野井氏館や伊王野城、芋渕要害、染瀬城、二岐ヶ峰城について位置も記されておりその記述あります

ページ数こそ少なめですが私の求める地元ならではの情報がたくさん収録されていました


拍手[3回]

asinoousyuudoutyuunikki.JPG奥州道中
芦野宿~境明神
那須町史資料集第4号
那須町教育委員会
平成18年3月 発行
価格500円
44ページ


先日、訪れた芦野城の麓に建つ歴史館で購入した本書はなかなか参考になりました
奥州への道筋に所在する芦野は宿場の雰囲気が良く残り良い町ですね

本書は古代から近世までの奥州へいたる古道の考察と紀行文にみえる奥州道の紹介
前田慶次道中日記や蒲生氏郷紀行などで那須について書かれた記述を紹介)
芦野氏についての解説
芦野宿(地誌)についての解説と大きく分けて3部で構成されています

なかでも中世城館の芦野城、芦野氏館、館山城(見学できず)と3つの解説は参考になりました
城郭ガイド的な本を見て芦野城を訪れましたが本書を入手して芦野について深く知ることができました
芦野を訪れるのであれば是非オススメしたい1冊であります


 

拍手[2回]

カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 9 10
14 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]