忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
inisienomiti.JPGいにしえの道 東山道
那須町史資料第5号
那須町教育委員会
平成19年6月 発行
価格500円
35ページ


道の駅・東山道伊王野を訪れた際に購入しました
表紙ですが目を引くのは「見本500円」 道の駅東山伊王野のスタンプですが実はわけありで・・・
別に盗んできたわけじゃ~ないよ(笑)
品切れだったんです
でもどうしても欲しい~、決めの言葉「東京から来たんです」と店員のおじ様におねだりするとあっさりとOK(嬉)
おまけに値引きまでしてくれたんです
太っ腹です(感謝)

表紙の鳥瞰図は伊王野城であります
この絵を見た瞬間に購入を決意しました
内容も私好みでした
3部構成で1.伊王野の地誌 2.伊王野資長について 3.東山道沿いの義経伝説となっております

なかでも地誌は参考になりました
備中郭、稲沢氏館、鮎瀬氏館収録される地図をもとに訪れました
沼野井氏館や伊王野城、芋渕要害、染瀬城、二岐ヶ峰城について位置も記されておりその記述あります

ページ数こそ少なめですが私の求める地元ならではの情報がたくさん収録されていました


拍手[3回]

PR
asinoousyuudoutyuunikki.JPG奥州道中
芦野宿~境明神
那須町史資料集第4号
那須町教育委員会
平成18年3月 発行
価格500円
44ページ


先日、訪れた芦野城の麓に建つ歴史館で購入した本書はなかなか参考になりました
奥州への道筋に所在する芦野は宿場の雰囲気が良く残り良い町ですね

本書は古代から近世までの奥州へいたる古道の考察と紀行文にみえる奥州道の紹介
前田慶次道中日記や蒲生氏郷紀行などで那須について書かれた記述を紹介)
芦野氏についての解説
芦野宿(地誌)についての解説と大きく分けて3部で構成されています

なかでも中世城館の芦野城、芦野氏館、館山城(見学できず)と3つの解説は参考になりました
城郭ガイド的な本を見て芦野城を訪れましたが本書を入手して芦野について深く知ることができました
芦野を訪れるのであれば是非オススメしたい1冊であります


 

拍手[2回]

kitanosekigahara.JPG北の関ヶ原合戦
中田正光・三池純正
洋泉社
2011年2月 発行
価格2286円
237ページ


中世城郭研究家の中田正光さんと歴史研究家の三池純正の強力タッグでのフィールドワークの成果が記された本です
タイトルの通り、関ヶ原合戦の際に奥州、下野での上杉氏、徳川氏による戦の駆け引きで改修されて利用されたと考えれる城や峠の防御設備などが詳しく紹介されています
この本は今年の正月頃に某大型古書店の青梅店でタイムセールで500円で購入しました
当初は値段の安さでなんとなく購入し少しページをめくっただけで本棚に眠っていました
しかし何故か?突然本書が気になり読みだしたのがつい最近です
奥州と下野の国境あたりの城館についての記述が結構面白くて白河や那須方面の城館を訪れたくなりました
そしてつい先日訪ずれたわけですが芦野城、伊王野城についてとても参考になりました
ということで栃木県の城館として紹介します(24ページしか書かれていないのです)
実は山形や福島関連のページはちゃんと読んでいないのです(笑)
私のとっては見慣れた縄張り図と読みなれた文章なので違和感なくすんなり読むことができました
そのうち他の項目もしっかり読んで山形方面や郡山方面の城館も訪れたいと思っています

拍手[2回]

lovelove.JPGらぶらぶ散歩道
市貝町
ふるさとづくり協議会 
平成8年 発行
102ページ


昨日、久しぶりに市貝町を訪れました
マニアの間では素晴らしい遺構を残す城跡が多いことで知られる町で再訪を楽しみにしておりました
村上城、杉山城、山根城などなど

本書ははじめて町を訪れた際に見学した田野辺城(慈眼寺)での頂き物です
正月3日の夕方に訪れたにもかかわらず快く城跡を案内していただきました(感謝)
ご住職が本書の監修をされたもので町内の名所や史跡のガイドブックであります
以下の城館が伝承とともに紹介されています
●山根城
●御城
●文谷城
●石下城
●旧・芦野家陣屋

市貝町の城館については市貝町史が詳しいので参考になりますが
本書があることで町内の神社や寺院、伝承、名所などについて知ることができて城館めぐりをより楽しむことができました

拍手[2回]

asikagaasikaga.JPG足利と足利氏
足利氏顕彰会
昭和51年6月 発行
平成11年9月 7版
価格 500円?
25ページ


足利氏の聖地「鑁阿寺」の境内にて購入した冊子で源義家から足利尊氏まで歴代当主と藤姓足利氏と足利と関係の深い人物を簡単に紹介しております
尊氏さん以前の当主では足利一族の天下を望んで自殺した家時さんが有名ですね

初めて鑁阿寺を訪れた時の思い出の品なので大切にしております

足利氏の館跡である鑁阿寺には現在も境内を囲むように土塁と堀が残ります
 

拍手[1回]

カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 4 5 6 7 8
9 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]