忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[662]  [661]  [660]  [659]  [658]  [657]  [656]  [655]  [654]  [653]  [652

常総戦国誌

守谷城主相馬治胤




川島健 著

崙書房出版

平成14年11月 発行

価格 2000円

273ページ

なかなか珍しい戦国期の下総相馬氏を扱った資料であります
戦国末期、守谷城主・相馬治胤を通して常総の戦国について解説しています
この地方は史料が少なくどうしても「東国戦記」の記述を参考にしてしまいがちです
本書も参考にはしていますが記述を鵜呑みにせず、振り回されずといったほうが正しいか
面白くも興味深い文章を書かれています
巻末の参考文献を見ると苦労と努力を重ねた結果が本書なんだと理解できます

私としては主役である相馬氏よりも岡見氏、多賀谷氏について興味があってそちらの解説がとても参考になりました
この地域の資料をあまり所有していないので本書の存在は心強いものであります^^
関東では地味な地域になるのかもしれませんが濃密な戦国史が存在しました
その一端に触れるとハマります
いままで名前も知らなかった武将や城館について知りたくなってしまいます
私にとっては利根川沿いの守谷、つくばみらい、取手あたりの城館を見て歩くのが楽しくなる本です

佐倉市の大型古本屋にて1050円で購入しました

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]