忍者ブログ
城めぐりで参考にしている城郭本・歴史本を紹介するブログです 管理人のコレクション自慢というか散財の記録ともいえます(笑)
[727]  [726]  [725]  [724]  [723]  [722]  [721]  [720]  [719]  [718]  [717

楠木正成





植村清二

中公文庫

1989年2月 発行

価格 440円

197ページ

昭和37年1月に至文堂より刊行された同書の文庫版です
文庫本で手ごろな価格で販売されるほど反響の大きかったのでしょうね

戦後の楠木研究書で皇国史観における忠臣、太平記の誇大されたイメージを払拭し真の楠木正成象を追及する書であります
近年発行される楠木本、南朝物の書籍の参考資料として掲載されることも多いことからも内容を察することもできますね

私は大型古本屋にて250円で購入しました^^

内容は知っていることが多いです
それもそのはず前述したようにいろいろな書で参考にされているのですから^^
そのネタ本なんで当然でしょう(笑)

ただスルーされてきたこともあります
北条氏の御家人であったという伝承です
北条高時の命で幕府に背いた保田庄司を討ったという伝承なんです
私もいままでスルーしていました^^
でも近年発行された楠木に関する書では北条氏の被官であったという有力な説が書かれていて
植村さんの著書の記述を思い出しました^^

この本は本当にスゴイです
読めば読むほどにというわけではありませんが楠木氏の実像に迫るヒントがたくさん記載されているように思えてきました^^

それ以外にも戦前の楠木氏の城郭論とそれに対する批判も興味深い内容でした

もちろん楠木正成が世に出て湊川で生涯を終えるまでの話もしっかり考察&解説されています

太平記で楠木正成が好きという方にもおススメします

拍手[5回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 3 4 5 6
7 8 9 10 12
14 16 17 18 19 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
史進みちのく
HP:
性別:
非公開
職業:
スポーツ冒険家
趣味:
城館探訪 城歴史本収集
アーカイブ
カウンター
フリーエリア
フリーエリア

ジオターゲティング
忍者ブログ [PR]